私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

WOWOWでV6を見た

はっきり言います。これから話すことは、「幸せ」の一言で済んでしまうことばかりです。だけど、その「幸せ」の中にどれだけたくさんの「幸せ」が詰まっているのかをどうしても言葉にしたかったので、ブログを書くことにしました。どうも私は忘れっぽいもので、その時の「幸せ」という感情をずっと覚えておくためには、こうして書き残しておくしかないんです。もちろん全てを文章に書き起こすことは難しいんですけどね。

まずはジャニーズで初めてコンサートを(有料放送ではあるけれど)テレビ放映するという奇跡をV6が実現してくれたこと、それを実現して下さった全ての人に感謝しています。ありがとうございました。きっと私が想像しているよりももっとたくさんの人がこの企画に携わっているだろうし、大変な思いもされただろうし、本当に私たちの知らないところでさまざまな想いが交錯しながらやっと実現したのだと思います。その一人ひとり、それぞれの想いに感謝の気持ちでいっぱいです。V6がデビュー20周年を迎えた特別な日に、代々木第一体育館というV6にとって特別な場所で歌い踊る姿をいち早く見ることができることが本当に嬉しかったし、「幸せ」でした。

コンサート自体は約3時間、しかし、放送時間は1時間半。本来の半分の時間ではありましたが、満足度の高い1時間半でした。そうなったのは、やっぱりファンが見たい場面をしっかり押さえてあり、カメラワークも素晴らしいからだと思います。しかも、高画質!高音質!20年間応援してきた方から、私のように最近ファンになった人まで、もしかしたらファンではないけど何となく見た人もいるかもしれませんが、その全ての人が楽しめる映像だったのではないでしょうか。まあ、これは私が実際に見て、そして、Twitterで皆さんの感想を読んで、そう感じただけではありますが、少なくとも私はそう思います。今回残念ながらカットされた場面もありますが、そのおかげでDVD(もしかしたらBlu-ray?)の発売がますます楽しみになりました。この次への期待も含めて「幸せ」です。

コンサートに行った時も思いましたが、映像を見ることで改めて「V6ずっと踊ってる!」と思いました。多分、かなりの高確率で踊っている曲が放送されていたはずです。私は踊っているV6が大好きです。もちろんバラエティー番組やMCで仲良くわちゃわちゃしている6人も好きだけれど、踊っているV6が大好きだから、コンサートに行くことが楽しいし、コンサートDVDを見ることが楽しいです。なので、限られた放送時間の中で踊っている曲をたくさん見せてくれたことが本当に「幸せ」でした。

こうして、たくさんの「幸せ」をくれたWOWOWでのコンサート放映。この直後に更新された三宅健くんのJohnny’s web内連載『にこにこ健』にて、健くんが編集に立ち会ったという報告がありまして、「なるほど、だからこんなに素敵だったのか」と納得するしかありませんでした。私は健くんのセンスに絶大なる信頼を置いておりまして、というか、多くのファンの方がそうかもしれないですが、とにかく健くんが素敵だと思うものは間違いなく素敵だと思うのです。特に、それがV6のことであるならなおさらです。おそらく世界中どこを探しても健くんよりV6を愛している人はいないだろうし、そんな健くんが心から愛するV6だからこそ、私も愛せるんだと思います。今回の「テレビでV6のコンサートを放送する」という企画はとてつもないチャレンジであり、V6にとってとても大きなチャンスだったと思うんです。V6の魅力を伝えるには、やっぱりコンサートでのパフォーマンスを見てもらうことが一番だと思いますし、そのコンサートの中で特に「V6ってこんなに素敵なアイドルなんだよ」ってことを伝える映像を届けることが重要だったと思います。だから、そうして健くんが編集に立ち会ったと聞いて、彼らの本気を改めて感じることができました。そして、それを最高の形で届けてくれたことが「幸せ」なのです。

書けば書くほどおかしな日本語になってきているのですが、とにかく本当にたくさんの「幸せ」をくれた1時間半でした。ここには書ききれないくらい、本当にたくさんです。

そうして幸せを噛み締めていたら、なんともう再放送が決定しちゃいましたよ。1月3日に再放送するってよ。もしかしたら前から再放送することも決まっていたのかもしれないけど、それでもきっとファンの反響や熱意が伝わった結果なのではないかな、と思います。しかも、放送直前スペシャルやハードラックヒーローホールドアップダウンも併せて再放送してくれるとのこと。このことをメンバーも喜んでくれていたらいいのにな。

www.wowow.co.jp

www.wowow.co.jp

再放送も決まったことだし、これはますますたくさんの人に見てもらいたいわけです。絶対後悔させません。見てください。V6のファンじゃなくてもいいんです。とりあえず見てください。「WOWOW契約してないから見れない」と思っているそこのあなた。『WOWOW紹介制度』というものがありまして、今WOWOWに契約している人から紹介してもらって契約加入すると、紹介した人も紹介された人も1ヶ月無料になるらしいよ。友達誘って紹介し合えばいいんだよ。何なら私もひとりは紹介できますからね。あなたも私もハッピーになりましょうよ。絶対幸せにします。

www.wowow.co.jp

最後は宣伝みたいなことになりましたが、本当に心の底からオススメしたくなるくらい、素晴らしかったのです。幸せだったのです。

そして、何よりも一番幸せなのは、その「幸せ」の中心にはいつもV6の6人がいるということです。デビュー20周年を迎えた11月1日の代々木第一体育館は間違いなく幸せで満ち溢れた空間だったと思います。そこにいる全ての人が、その場にいなくてもそこに思いを馳せている全ての人が、みんなが幸せだったと思います。その幸せでいっぱいの空間の中心にいたのは間違いなくV6です。6人が幸せの真ん中にいることがさらにファンの幸せになっていき、ますます幸せの連鎖が広がっていくわけです。そんな6人を応援することができることが、とても「幸せ」です。

V6の皆さん、いつも幸せにしてくれてありがとうございます。これからも一緒に幸せでいさせてください。