読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

BOYS AND MENがどんたくにやって来た!

24歳ジャニヲタ、本日ボイメン現場デビューしてまいりました。

実は、昨日も彼らは福岡市内でイベントを行っていたのですが、私は前から予定が入っていたので、残念ながら参加できず、本日の博多どんたく港まつりが最初の生ボイメンとなりました。予定と言っても、祖母の家に行くというだけだったのですが、冒頭の私の年齢を見ていただきましたら分かるように、昨日24歳になりまして、誕生日は家族と過ごすということになっておりました。完全に無駄な情報ですみません。

さて、今回福岡に来てくれたのは年上組のYanKee5。水野勝くん、田中俊介くん、小林豊くん、田村侑久くん、辻本達規くんの5人です。私はそれぞれ、勝くん(もしくはまさるん)、俊くん、ゆーちゃむ、たむたむ、つーじー(もしくはつじちゃん)と呼んでいます。多分定番のニックネームだと思います。この5人をジャニヲタさんにも分かりやすく説明しますと、勝くんと俊くんのコンビは、ふたりのテーマカラーが金と銀ということで、『金さん銀さん』と呼ばれていたりするのですが、このふたりがグループの大黒柱的な存在を担っています。そして、ゆーちゃむ、たむたむ、つーじーのトリオは『ポンコツ3(スリー)』と呼ばれていまして、名前の通り愛嬌たっぷりんな3人となっております。この感じ、めっちゃHey!Say!BESTっぽくないですか?やぶたかとズッコケトリオ感出てませんか?って思っているのは私だけでしょうが、ヤン5の個性がぶつかり合う異種格闘戦みたいなところが私は大好きです。

そんな彼らの最初の出番はお祭り本舞台。プログラムには『名古屋おもてなしどんたく隊』と記載されていましたが、がっつり5人のステージパフォーマンスでした。最初にグループの自己紹介を勝くんがしていたんですけど、「東海地方ではレギュラー番組が14本ありまして…あ、これ自慢じゃないですよ?どういうグループなのか知ってもらうために言ってるだけですから」からの「今年リリースしたシングルが2作連続1位を取りました!あ、これは自慢です!」って言っていたのが可愛かったです。存分に自慢してええんやで。まずは『ヤンファイソーレ』。私はこの曲のコールがしたいがためにボイメンのライブに行きたいと思っているほどテンションが上がる曲なので、初っ端から嬉しい選曲でした。屋外ですし、ファンもバラバラに座っていることもあり、コールはやや控えめでしたが、やっぱりこの曲は盛り上がりますね。次は、名古屋観光特使のお仕事である名古屋のPR。まずは俊くんが名古屋城を紹介してくれました。「皆さん本丸見たらほんとにびっくりしますよ!マジきんぴかぴん!でらきんぴかぴん!」ってきんぴかアピールしている俊くんが可愛かったです。つーじーはなごやめし博覧会のお知らせ。勢いで話し始めたせいか途中でぐだぐだになったところを勝くんが「この子今年で25歳になるんですけど、あんまり日本語が上手くなくて…」ってフォローしていたところが可愛かったです。今のところ「可愛かった」しか感想ないけど大丈夫かな。なごやめし博覧会のお知らせの流れで次の曲は『なごやめしのうた』。この曲は一度聴くとなかなか頭から離れません。気が付くと「でーらでーらうま!めしめしなごやめし!」って口ずさんじゃいます。曲前につーじーから簡単な振り付けなので一緒にしてねっていう話があったんだけど、「お兄さんたちが『でーらでーらうま』って言ったら『めしめしなごやめし』ってしてください!」って言っていたのが可愛かったです。自分たちのことお兄さんたちって言えちゃうところが素敵。間奏のチアダンスで足が全然上がっていないゆーちゃむがゆーちゃむ過ぎた。そして、アルバムの告知などを挟んで『どんとこいやー!』。ほんとにこの曲は初めて聴いた時から「元気が出る曲だな」と思っていたけれど、パフォーマンスを見てなおさら強く思いました。応援団っぽい振り付けもあったりして、今のボイメンにぴったりな曲だと思うので、この曲を全国ネットの番組で披露する機会とかあったらいいのになあって思います。そうしてくれると私も助かる。10人でのパフォーマンスが早く見たいな。今回は違ったけれど、MVで着ている衣装が大好きなので、これからいろんな媒体にあの衣装で登場してくれるのが楽しみです。最後の曲は『Chance for Change』。この曲も前向きになれるので大好きです。聴けて嬉しかったな。

本舞台の出演が終わると同時にLOVE FMの公開スタジオ前に猛ダッシュ。一気に大移動している様がさすがに面白すぎでした。結構いいルート選んだので2列目を確保して、そこから30分くらい待機でした。ここで初めて周りのファンの子たちを見渡して、大学生くらいの子たちが大部分かな、という印象でした。やっぱり私も新規ファンですから、場の雰囲気に慣れていかなきゃなって思う部分もありまして、今日はそういう意味でも様子が見られたのが良かったなって思います。

LOVE FMでのMVPはダントツでつーじーでしたね。スタジオが狭いこともあり、つーじーは座れず手持ちマイクでの参加だったのですが、それにもめげず、というか、そのせいもあってか、積極的に盛り上げ役となっていて、大活躍でした。パーソナリティーさんもかなりボイメンについて調べていたみたいで、話が盛り上がって、段取りを忘れるなんてことも。ここでオンエアされた曲は『なごやめしのうた』と『どんとこいやー!』でした。終始笑顔の絶えない生放送で楽しかったです。

パレードまでの束の間の休息に、私はサーティワンアイスクリームに行って「神山くんのください」をしてきましたって話は全く本筋に関係ないですが、今日は炎天下ということもあり、私がお店に入った時は店内の奥から並ぶくらいだったのですが、食べ終わった頃には店の外まで行列が続いておりました。ジャニーズWESTがCMしている31%OFFキャンペーンも5月8日までとなっていますので、お早めにどうぞ(直接過ぎる宣伝)。

どんたく広場パレードですが、今年最大の目玉と言えばやはり東京ディズニーシー15周年を記念したスペシャルパレードということで、沿道は人、人、そして人。かなり大変ではありましたが、ディズニーのパレードはやっぱり夢がありますよね。自然と笑顔になれる素敵なパレードでした。あーディズニー行きたい。

そうそう、パレードの最中にはあまりの暑さに熱中症で搬送されている方もたくさんいらっしゃったので、水分補給はこまめにするのが大切だな、と改めて思いました。やはり熱中症対策にはスポーツドリンクが良いような気がします。私も暑さでバテがちだけど、今日はわりと平気でした。帽子を被っていたのも良かったのかも。人の多い場所で日傘を差すのは危ないけれど、帽子なら手軽に日除けになるので良かったです。

話を戻しまして、ボイメンです。『なごやおもてなしどんたく隊』のメンバーとして、パレードにも参加しておりました。どんたくに関してはベテランの領域に入りつつある私は、パレードを歩いている時に見えやすい場所というのもある程度知っていますので、そこを狙ってオープニングからひたすらその場所に居続けました。ディズニーが通り過ぎればそれなりに余裕ができるだろうことも見越してましたが、最終的に最前列にいることができたのはラッキーでした。パレードを歩く様子もそれぞれ個性があって、勝くんと俊くんは通りの真ん中を左右に目を向けながら、ゆーちゃむとたむたむは左右に何度も移動して沿道のお客さんのところまで近づいて、その間につーじーがわちゃっとしているって感じでした。実際に近くに来てくれると緊張しちゃうもので、ある程度距離のある勝くん俊くんの名前を呼ぶことはできたけど、ゆーちゃむが近付いてきた時は何もできずにただ手を振ることしかできませんでした。その後ろから来たたむたむの名前を呼ぼうとしたけど声が出ず、目の前に来た時にとりあえずバッと手を出したら、向こうから握手してくれて感動しました。声にならない声で「ありがとう」って言ったけど、多分聞こえてないだろうなあ。最後は終着点まで走りながら追いかけて見送りました。

そんなこんなで私のボイメン現場デビューレポは以上となります。1日中たくさんボイメンを楽しむことができて最高に楽しかったし、ますますボイメンのライブに行ってみたくなったし、これからもっと好きになっていくだろうなって思いました。ヤン5の皆さん、福岡に来てくれて、どんたくに出てくれて本当にありがとうございました。私の大好きな街、そして大好きなお祭りに携わってくれて感激でした。また福岡で待ってるし、私も名古屋に行きます。素敵な1日になりましたとさ。