読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

BOYS AND MENはいいぞ!

2016年8月24日、BOYS AND MENメジャー専属契約第1弾シングル『YAMATO☆Dancing』がリリースされました!おめでとうございます!そして、8月23日付オリコンデイリーCDシングルランキングで1位おめでとうございます!

長年ジャニヲタである私としては、キスマイと戦うことになるという思わぬ事態になってしまい、本当に悔しくて仕方なかったです。どっちか発売日ズラせばいいのにって思いました。だって、キスマイの新曲もボイメンの新曲もめちゃくちゃ良いんだもん!どっちも売れてほしいんだもん!どっちも1位取ってほしいんだもん!だけど、発売日が一緒だったら、どっちかが1位になるしかないんですよ。とはいえ、やっぱりジャニヲタと言えど、担当グループは違うし、本命の推しがいるボイメンに肩入れするしかないわけです。とりあえずデイリーで1位が取れたら、そしたらウィークリーで2位でも納得するかなって、そう思いました。だって、キスマイの新曲めちゃくちゃいいんですよ!キラキラで爽やかなサマーチューンで、とびきり可愛くて楽しいんだけど、夏の終わりを思わせるちょっと切ない雰囲気がたまらんのです!

しかし、私は今から『YAMATO☆Dancing』の販売を促進するためにブログを書こうとしています。それは何故か。今回は売れなきゃ困るからです。その一言に尽きます。では、何故売れなきゃ困るのか。それは、3作連続1位を取れば「売れている」と世間に認識される風潮があるからです。例えば、モーニング娘。です。彼女たちも「まだモー娘。って活動してんの?」「解散したんじゃなかったの?」などと言われている時期が長くありました。だけど、3作連続1位を取ってから、シングルを出せば毎回しっかりMステに呼ばれるようになったし、季節ごとの大型歌番組にも呼ばれるようになりました。一時はほとんどテレビの出演がなかった状態から見事に脱出することができました。ボイメンは2016年にリリースしたシングル『BOYMEN NINJA』『Wanna be!』で2作連続1位を獲得しています。つまり、今回の『YAMATO☆Dancing』で1位を取れば、3作連続1位を獲得することになるのです。ここで売れたらボイメンが全国のお茶の間で見られる機会が一気に増えます。売れなきゃ困ります。ところで、前作『Wanna be!』のMVのShort ver.をYouTubeで見たことでジャニヲタの私は一気にボイメン沼に沈んだのでオススメしておきますね。


「Wanna be!」Music Video WEB ver. /BOYS AND MEN

ここまで、「売れなきゃ困る!」と熱く語りましたが、ここからは『YAMATO☆Dancing』に収録されている3曲について話したいと思います。3曲ともに共通していることは、今のボイメンの等身大を歌っていて、未来に向かって全力で駆け抜ける彼らの姿を投影していることです。

まずは『YAMATO☆Dancing』。この曲はまさにボイメンの魂ともいえる「かっこつけなくていい、かっこ悪くてもかまわないからガムシャラに走っていくぜ!」という勢いを感じさせる楽曲です。MVもタイトル通り大和男子全開な世界観で、かっこいい仕上がりになっております。私の推しメン「本ちゃん」こと本田剛文くんは曲中に3回宙を舞います。小柄なピンクが私の推しだよ。1番のサビでは、メンバーカラー青色の「たむたむ」こと田村侑久くんがはちゃめちゃにかっこいいです。「己を信じて」ってところね。そして、間奏の最初に踊り出すのが「ゆとりコンビ」こと年少コンビの平松賢人くんと吉原雅斗くんなのですが、このふたりの推せるところは、年少にも関わらず歌とダンスで2トップなところです。特に最年少の賢ちゃんは最年少だけどダンスリーダーで、お兄ちゃんたち相手にスパルタ特訓しているそうです。だけど、普段はみんなに可愛がられる弟分。推せる。ちなみに、「ゆとりコンビ」と呼ばれているのは、雅斗くんが自分のことを「ゆとり黄金世代」と言っているからです。その間奏でセンターに躍り出てくるのが私の推しだよ。かっこいいよ。とりあえずYahoo!JAPANを開いて、「ボイメン」って検索してみてください。一番上にGyao!の動画が出てきます。なんと『YAMATO☆Dancing』のMVがフルで見られます。「ボイメンって誰だ…?」って思っているそこのあなた、とにかく動画を再生してみてください。とにかく見てください。とりあえずここにはYouTubeのShort ver.とDance Short ver.を貼っておきますね。


BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」 –Music Video- (Short ver.)


BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」Dance ver. –Music Video- (Short ver.)

次は、『One For All, All For One ~夢は叶えるもの~』。この曲は、ボイメンのメンバーがそれぞれ「これまで」「今」「これから」の想いを言葉にして持ち寄った曲になっております。歌詞を読んだだけで、ボイメンがこれまでどれだけ大変な想いをしてきて、だから今これだけ頑張っていて、未来に向かって夢を語る姿を知ることができます。まずは歌詞を読んでほしい。そして、曲を聴いてください。彼らが必死に歌う、その歌声が胸に響きます。この曲は、今秋公開のメンバー総出演映画の挿入歌にもなっているから、そちらも併せて要チェックですよ。

最後に、『Let’s Go』。この曲は10人いるメンバーから5人が選抜されて歌っています。ちなみに、選抜メンバーは水野勝くん、辻本達規くん、本田剛文くん、平松賢人くん、吉原雅斗くんです。この曲、最初に聴いた時は「あれ?私今ボイメンの曲聴いてるんだよね?AAA聴いてるんじゃないよね?」と思ったほど、スタイリッシュです。今までのボイメンの曲には全くなかった曲です。だけど、これがまた今のボイメンにむちゃくちゃハマっています。明るい未来に向かって、新しい明日へ一緒に行こうよっていう、最高に爽やかな楽曲になっております。私の推しメン本ちゃんの歌声もたっぷり味わえるのでぜひ聴いてください。

さて、今回のシングル、複数形態売りが得意なジャニーズもびっくりな12形態で展開しているわけですが、これは、「初回限定盤」「通常盤」「初回限定ピクチャーレーベル盤(10種)」で12形態なわけです。最後のピクチャーレーベルは10人それぞれあるから10種だよ。私も初めは「ご祝儀買いでそれぞれ1種ずつ買えばいいかな~」なんて思っていたけど、気が付いたら推しメンのピクチャーレーベル盤がたくさん積み上がっております。まあ、たくさん特典会に行けば、どんどん被っていくものもあります。最初は「周りに配るなら初回限定盤だろ」と思って、初回盤をいくつか買いましたが、結局そんなにCDを配る友達がいないことに気付き(CDをもらってくれるお友達絶賛募集中)(タダであげるよ)、迷ったらとりあえず本ちゃんのピクチャーレーベルを買うことを繰り返し。正直「同じCDばかり買ってどうするの?」って思われるかもしれないけど、特典会云々に関わらず、今はもっと本ちゃんのピクチャーレーベル買い込みたいって思い始めています。それは何故かと言うと、ふたつ理由がありまして、まずはピクチャーレーベルの写真がとてつもなく盛れているんです。ジャニヲタの皆さんなら一度は経験があるんじゃないでしょうか。ジャニショで担当があまりにも可愛すぎてうっかり同じ写真を複数枚購入したことが、担当の団扇があまりにも美しすぎてうっかり複数枚購入したことが。その感覚と全く同じです。「本ちゃんのお写真可愛すぎでは!?この本ちゃんに囲まれて暮らしたい!本ちゃんのピクチャーレーベルで壁を埋め尽くしたい!」という衝動に駆られてしまっております。大真面目に壁やCDを傷付けずにCDを壁に貼る方法を模索しております。まあ、1枚160円の写真や1枚600円の団扇を複数枚買うことと、1枚1080円のCDを複数枚買うことが、必ずしも同じとは言えないけど、それでも本ちゃんが可愛いんだから仕方ない。そんな訳でドン。

www.universal-music.co.jpほら、はちゃめちゃに可愛いでしょ?部屋にたくさん飾りたくなるでしょ?もちろん他のメンバーもとてもかっこいいので、もし良かったら見てみてください。

あと、もうひとつの理由は、売る側はどのCDがどれだけ売れているか分かるからです。買う側の私たちは売上総数しか分かりませんが、どの形態がどんな内訳で売れているか、売る側の人たちは分かるはずです。きっと私のように「あと1枚どれ買おうかな、とりあえず推しメンのピクチャーレーベル買っておこう」って人がたくさんいるはずなので、そうすると自然と人気のあるメンバーのピクチャーレーベルが売れていきますよね。そこで、もしかしたら人気のあるメンバーは、次のシングルでもっと良い立ち位置で踊れるようになるかもしれないし、もっと良い歌詞割りをもらえるかもしれない、という深読みをしてしまいます。もちろんボイメンみんなが大好きだけど、やっぱり推しのダンスがもっと見たいし、歌声が聴きたいです。だから、本ちゃんのピクチャーレーベルを1枚でも多く買いたいって思うのです。

なんやかんやいろいろ語ってきましたが、とにかく言いたい。『YAMATO☆Dancing』が売れてほしい。BOYS AND MENがもっと売れてほしい。ひとりでも多くの人にボイメンの魅力を知ってもらいたい。ただそれだけなのです。「ボイメンって初めて聞いた」という人、たくさんいると思います。もちろんキスマイファンの方は悔しいと思います。だけど、初めから否定せずに、一度でいいから見てください。今はその良さが分からなくても、そのうち分かってもらえたら嬉しいです。名古屋の町おこしお兄さんたちの魅力がたくさんの人たちに伝わりますように。よろしくお願いします。

BOYS AND MENはいいぞ!

『YAMATO☆Dancing』はいいぞ!

「ボイメン」で検索!