読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

5/4 BOYS AND MEN in 博多どんたく港まつり

今年も博多どんたくにBOYS AND MENがやってきた!

まさかライブの次の日、朝から新幹線で福岡に帰ることになるとは思っていませんでした。名古屋から福岡まで3時間半かかるので、7時台の新幹線に乗りました。正直しんどかったけど、新幹線の中でたっぷり寝たので、福岡に着いたら案外元気でした。下手したら新幹線でボイメンと遭遇する可能性もあると思っていたけど、そんなこともなく無事に福岡へ到着。かなり余裕を持って名古屋駅に行ったんですけど、お土産買ったりおにぎり食べたりしていたら、すっかりホームのきしめんを食べるのを忘れておりました。次に新幹線を使うときは必ずや食べてみせます。

去年はYanKee5のメンバーでしたが、今年はツアーの三重メンバー以外の5人でした。ということで、参加メンバーは辻本達規くん、小林豊くん、勇翔くん、平松賢人くん、土田拓海くんです。九州ファイブことツアーでの九州メンバーとほぼ変わらず、唯一たむちゃんアウトゆーちゃむインという布陣。うっかり「九州ファイブもどんたくファイブもザコとポンコツしかいない」って言ってしまったのですが、私はそれが逆に良かったと思いました。本当に褒めているんですよ。仕切るメンバーがいないからこそ、お互いに助け合う雰囲気になっていて、福岡でのツアーの時にも書きましたが、ボイメンのチームワークの強さをより実感しました。

ボイメンの出番の1時間前にはSOLIDEMOが出演していたのですが、SOLIDEMOのヲタクとボイメンのヲタクが静かなる席取り合戦を繰り広げておりました。私はSOLIDEMOのヲタクが席を立ったらそこに滑り込みたいって思っていたのですが、運良く早い段階で2列目をゲット。両方のパフォーマンスを良い位置で見ることができました。

SOLIDEMOのパフォーマンスを見るのは去年のハウステンボスぶりでしたが、相変わらず背が高くてスタイリッシュで歌が上手くて見応えのあるステージでした。しかも、しゃべると愉快なお兄さん達だし最高ですよね。あと、神山担的にはドラマ『大貧乏』の主題歌を歌ってくれたのが嬉しかったです。しかも、自分達の出番が終わった後、私服でボイメンのステージを見に来てくれていたんです。舞台裏でもわちゃわちゃしていた様子がTwitterでも見れて、こういう交流は嬉しいなって思います。ボイメンがSOLIDEMOのことを好きだから、私もSOLIDEMOのこと好きだぞ。

さて、ボイメンのステージ。RKB主催のステージということで、全面的に協力していただけている感じがビシビシと伝わってきました。サイドにあるモニターにはずっと広告が流れているのですが、ボイメンの自己紹介の時にはそれぞれのメンバーの写真と名前が出てきて感動しました。会場にも歓声が上がっておりました。歌の最中もずっと番組とオーディションの広告が出ててそれも嬉しかったです。

セットリストは『NO LIMIT』『YAMATO☆Dancing(ショートver.)』『なごやめしのうた』『ヤングマン~B.M.C.A.~』でした。

やっぱりYAMATOで始まるライブは最高ですね。文句なしにかっこいいし、パフォーマンスが派手だから、知らない人でもグッと惹きつけられるんじゃないかなって思います。そして、注目すべきは誰が人力フライングで飛ぶのかというところ。体重が軽い人が飛ぶかと思いきや、「弱音吐く日もあるさ」のところでゆうぴんがソロで前に出てきて、その後通常通りつじちゃんとつっちーが拳を構えたので、客席が「あれ?もしかして…」とザワザワしていたら、案の定ゆうぴんが賢ちゃんとゆーちゃむに支えられて飛びました。と、飛んでた…と思う…。客席の動揺が伝わったのか、ボイメンのみんなも苦笑してて面白かったです。個人的にゆーちゃむが支える側になる時、「うんしょ!うんしょ!」って聞こえそうな動きしてるのが好きです。

自己紹介では、今回もつじちゃんが「ボイメンの熱男!」って言ってくれて嬉しかったです。あれ、熱男の下りツアーの時書いてないな?ホークスで2年くらい使ってたスローガンです。今は松田選手が使ってるんですけど、つじちゃんがツアーの時に言ってくれたんです。さすが野球男児。多分今後も福岡ではボイメンの熱男って言い続けてくれるんだと勝手に期待しております。

そして、福岡には美味しい食べ物がたくさんあるよねって話から、名古屋にも美味しい食べ物がたくさんあるんです、という流れでなごやめしを歌いました。まさかの客席降りもありつつ、元気いっぱいのパフォーマンスで楽しかったです。

『ボイメン☆FUKUOKA』の番宣とエリア別研究生オーディションのお知らせもありました。相変わらず「僕らは何にもありません!だから何にもなくていいんです!夢さえあれば大丈夫!13歳から20歳くらいまでの男の子!」みたいな感じで募集しているのが面白い。あ、本当はもっとしっかりしゃべってましたよ。

最後のヤングマンでも客席に降りてきたりしていたんですが、目の前でつじちゃんがカメラアピールしていたのがめちゃくちゃ可愛かったです。おそらくこれも番組で放送されるんだろうな、という感じです。

短い時間ではありましたが、やっぱり楽しかったです。1年前も私は同じステージでヤン5を見ました。あの頃は好きになったばかりで、初めてボイメンを生で見るという状況で、それでもとても楽しかった思い出なのですが、あの頃よりもさらにボイメンのことを知っているからこそ、もっともっと楽しめたし、またさらに好きな気持ちが大きくなった気がします。1年間ひたすらにボイメンについて来て良かったな、と思いました。

ステージの後は番組のロケをしていたので、絶妙な距離感を保ちながらその様子を見てました。どんたくって街中にたくさんステージが組まれるので、あらゆるところで出演者が待機している状態なのですが、カメラが回っていない時に、ゆーちゃむが傍らで皿回しの練習をしている女の子に「すごいね~!」って話しかけているのを見てほっこりしました。そういえば、私の近くで小さいお子さんがいるお母さんふたりが「戦隊ヒーローの人たち?」「いや、ヒーローはひとりだけ」って話しているのが聞こえたので、心の中で「ヒーローはふたりいますよ~」と思っておりました。メンバーのブログを読む限り、その後に太宰府天満宮にロケに行ったみたいですね。

ということで、今年もどんたくにボイメンが来てくれて本当に嬉しかったです。番組も始まったこともあり、ますます福岡でもボイメンが活躍する姿を見ることが増えるんだろうなっていう期待も膨らみました。福岡でも広がれボイメンの輪!