私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

10月からサイコー超えてるアニメが始まるんです、『ドリフェス!R』って言うんですけど。

みんな、サイコー超えてる?

8月から先行配信が始まったアニメ『ドリフェス!R』も第6話まで配信されまして、折り返し地点へと差し掛かってまいりました。

そして、いよいよ10月6日からテレビ放送が始まります。10月期は注目のアニメが数多くラインナップされていますが、『ドリフェス!R』もぜひたくさんの人に見てもらいたい作品のひとつです。ということで、今回は『ドリフェス!R』の魅力をプレゼンさせていただきたいと思います。あくまでも私の主観によるものだということは、予めご了承ください。

まずは「ドリフェス!って何?」という方のために簡単にご説明します。『ドリフェス!』とは、「5次元アイドル応援プロジェクト」として、アニメやアプリゲームなどの2次元と、実際にパフォーマンスしたりお芝居したりする3次元が連動しながら活動しているプロジェクトです。アイドルグループ『DearDream』『KUROFUNE』のメンバーの声を担当しているのは俳優さんなので、声優もアイドルも専門ではありません。しかし、そんな彼らが2次元のキャラクターと共に成長していく姿を応援することができるのが魅力のひとつとなっています。

ドリフェス!プロジェクトにおいて、アニメは2次元の彼らのドキュメンタリー番組という扱いになっています。実は、今回ご紹介する『ドリフェス!R』はそのアニメの2期なんです。1期では、DearDreamのメンバー・天宮奏がひょんなことからスカウトされ、仲間と出会い、グループを結成してデビューするまでが描かれています。そして、2期はDearDreamとKUROFUNEがデビューした後の話になっています。時系列で言えば、2期はゲームのストーリーの裏側にあたるのかな、と思います。ゲームのストーリーはテレビ番組形式で、表舞台に出ている彼らの姿しか見えません。表では笑顔でアイドルを全うしている彼らが、裏ではいろいろと思い悩んでいたんだ、というのがアニメという名のドキュメンタリーで見ることができます。もちろん1期を見た方が楽しめるとは思いますが、2期から見ても絶対面白いと思ってもらえるはずです。まずは『ドリフェス!R』を見ていただいて、面白いな、もっと知りたいな、と思っていただけたら、そして、1期も見てみたいな、と思っていただけたら幸いです。

2期の大きなテーマは「本当のアイドルになる」というものです。このテーマを提示する役割を果たすのが第1話、そして、そのテーマを元に各々が悩んだり、時にはぶつかったりしながら、自分の課題と向き合っていくのが第2話以降になっています。1期を見てから2期を見てもらうと分かるのですが、1期のストーリーを踏襲したような演出があったり、よく見ると細かい小ネタがあったり、かなり作り込まれているので、何度でも見たくなるし、見るたびに新しい発見ができるのが面白いな、と思います。きっと好きになればなるほど「あ!これは!」というものが見つかるはずです。また、ストーリーをいろんな側面から解釈することができる余白があるのも魅力かな、と思います。全ては説明しなくて、あとはファンの推測に任せてくれるんです。実際、配信直後にはTwitterで様々な考察が見ることができて、「なるほど、あのシーンはそう考えることができるんだな」と、より深く楽しむことができます。また、各話ごとに違うテーマのようなものもあり、それもまた奥深いんです。例えば5話は「アイドルがアウェイの仕事に挑む意味とは?」というのがテーマになっているのですが、アイドルを応援していると必ずこのテーマにぶつかると思うのです。アイドルの本業はステージでパフォーマンスをすること。しかし、ドラマやバラエティなど、それを本業としている俳優さんや芸人さん達と一緒に、お芝居をしたり、トークをしたりすることがアイドルにも求められます。時には批判を受けることもある、この「アウェイの仕事」について考えさせられるのが第5話の内容です。他にも様々なアイドルだからこそ起こり得る場面について深く掘り下げているのが見所でもあります。

あと、監督さんが自らドリフェス!のイベントなどに出向いて、ファンの子達がどんな服装をしているか、というところを観察されているところもすごいと思います。とにかくファンの子達の描き込みがすごいんです。特に2期ではファンの子のネイルが可愛くて、そういう細かいところまで描かれているところがいいな、と思います。ちなみに、ファンの声援はイベントの際に収録されているものが使われていたりするんですよ。イベントに参加するファンの様子だけでなく、Twitter上のファンの呟きなども再現されていて、あまりのリアルさに騒然となったこともありました。そういうところにもリアリティーのある演出が散りばめられ、より5次元を感じられると思います。

それだけでなく、3次元キャストのエピソードがアニメにも落とし込まれているのも5次元ならではなのかな、と思います。会話の内容や関係性、Twitterにキャストが載せた写真など、随所に「これ、3次元で見たことある!」っていうものが次々と登場します。アニメだけでも楽しめますが、3次元キャストのことを知るとより面白さが増すのではないか、と思います。ぜひアニメを好きになっていただけたら、3次元キャストの活躍にも注目していただけたらいいな、と思います。

最後に、これは私がジャニヲタだからこそ感じる魅力なのですが、いろんなコンビ・シンメの形を見せてくれるところもおすすめできるポイントです。ジャニヲタに限らず、男性アイドルを応援しているファンというのは、何故かコンビやシンメに惹かれてしまうものですよね。お互いのことをよく知らないままコンビを組み、言葉足らずな故にぶつかってしまう二人。元子役とアイドル一筋、正反対だけどいつの間にかお互いを支え合っていた二人。幼馴染でずっと仲良しだけど実はお互いに秘めた想いがある二人。今のところ2期で描かれているコンビはこの3組なのですが、1期やゲームも含めると、他にもいろんな組み合わせがあって、それぞれにグッとくる関係性があります。

ここまで『ドリフェス!R』の魅力を書いてきましたが、とにかくまずは見てください。アニメイトチャンネル・YouTubeGyao!などの動画配信サイトでも第1話が無料で見ることができます。とにかく見てください。百聞は一見にしかず。思わず鳥肌が立ってしまうようなシーンもたくさんあります。アニメが好きな人、アイドルが好きな人、そうじゃない人にも絶対オススメできるアニメです。

第1話でレジェンドアイドルの三神遥人さんに「アイドルとしてデビューできたからといって、アイドルになれる訳じゃない」と言われたDearDreamとKUROFUNE。この言葉が彼らに与える影響とは。そして、彼らは本物のアイドルになることができるのか。ぜひその目で見守っていただきたいです。よろしくお願いします。


ドリフェス!R 第1話 本当のアイドル!!!!!

余談ですが、とうとうドリフェス!専用のTwitterアカウントを作りました。アカウントの使い分けはあまり得意ではないのですが、アニメに関することはこちらのアカウントで呟こうと思っていますので、ぜひ気軽にお声かけいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

twitter.com