私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

9/5 BOYS AND MEN『炎・天下奪取』リリースイベント in イオンモール筑紫野

誠が九州初上陸!

9月5日にイオンモール筑紫野で行われたBOYS AND MENのニューシングル『炎・天下奪取』リリースイベントに行ってまいりました。今回の参加メンバーはボイメンの年下組・誠の5人です。多分、誠という括りで九州に来たの初めてだと思うんですよね。ボイメンがリリイベで来るのは9ヶ月ぶり。ヤン5のFACo出演から数えても約半年ぶり。本当に久しぶりでした。

この日は仕事帰りだと微妙に間に合わない時間だったので、思い切って有給を取りました。だけど、母にそれを言ってなかったので、いかにも仕事に行くような素振りで家を出て、そのままイオンモール筑紫野へ。本当は太宰府にでも行こうかな、とか、博多駅か天神で散歩してもいいかな、とか、いろいろ考えたけれど、結局朝からずっとイオンモール筑紫野の中にいました。筑紫野は店のラインナップが豊富で、他のところと少し違うのが結構好きなんですよ。とはいえ、午後はほとんどベンチで本を読んで過ごしていましたけど。ずっと前に買ったけれど読めてなかった本があったんです。ゆっくり読書をするのも大切ですよね。ちなみに、柚木麻子さんの『3時のアッコちゃん』を読みました。

15時を過ぎた辺りからちらほらとそれらしき人達が集まってきて、スタッフさんが到着したのをきっかけにすぐCD予約列が形成されたの、訓練されたオタクみがすごかったです。そういう私も並んどったけどな。無事にCDを予約した後、ふと思い立って前から気になっていた写ルンです専用カバーのことを検索していたのですが、数量限定ということを知り、そういえばさっき売ってたの見たな!?と、そのままの勢いで購入しました。CD積むと金銭感覚狂って、そのまま散財しがち。でも、後悔はしてないです。あと、すぐCDを基準に金額計算するから、トイザらスに売ってたシャショットのしゃべるオモチャが2000円だったのを見て「激安じゃん!」などと思っておりました。

さて、ここから本題。しゃべり過ぎるオタクだから前置きが長くてごめんなさい。リリイベの話をします。ミニライブは珍しく時間キッチリの19時にスタート。『帆を上げろ!』『進化理論』『前のめりMinority』『炎・天下奪取』を歌ってくれました。どうでもいいけど私のペンライトが1本最初から消えかけで帆!の台詞パートの間に慌てて電池変えました。本ちゃんはつっちーに肩車されてたので多分見えてたんじゃないかと思う。恥ずかしい。それはさておき、MCでは久しぶりの福岡ということで、少しテンションがおかしかったような。俺たちあんまり福岡に呼ばれない的な話もしてた気がしますが、誠推しはそれはもう首を長くして待っておりましたよ。相変わらず「○○ファイブ」という異名を付けがちな本ちゃん、今回も「筑紫野ファイブ」と命名しては、「ちくファイ」と略しておりました。賢ちゃんからは即座に「ちくファイってほとんどちくわじゃん!」とツッコミが飛んできました。来年ナゴヤドームでライブをするよという話もしてて、「ナゴヤドームってどのくらいの集客力があると思います?4万人ですよ。さすがに地元と言えど、パッと4万人が集まる訳ではないので、ヤフオクドームからも少しレンタルしたく…」と本ちゃん。「レンタル可能だよ〜って人はどれだけいますかね?」と手を挙げさせてました。「2階はレンタル不可の方が多いですね。皆さんホークスが好きだとは思いますが、たまには敵陣を知るという意味でもナゴヤドームにぜひ来ていただきたい、まあ、知る必要もない相手かもしれませんが」「ホークスとドラゴンズじゃあまりにレベルが違うけど、我々はドラゴンズファンですから」という話の流れで、つっちーが「最悪内川選手をゲストに呼んだらみんな来てくれるかもしれん」なんて言い出したのが面白かったです。「内川選手、来てくれるかな〜」と本ちゃんが乗っかってくれたのも良かった。ほんとボイメンは野球の話し出すとイキイキするよね。ライブもとても楽しかったし、相変わらず誠は歌が上手かったです。炎天下で本ちゃんと賢ちゃんが二コーって笑い合ってたのが可愛すぎてマジハピセ。そうそう、賢ちゃんの例のソロパート、この日はバシッと決まってましたよ。あと、この後握手会やりますって話で、本ちゃんが「あまり清潔感なさそうに見えるかもしれないけど、しっかり除菌スプレーしてから握手するので」と言い出し、他のメンバーから不満が。「学ランってちょっと清潔感なさそうじゃない?これだけ汗かいてるのに毎日洗うわけじゃないし」と本ちゃんが言うのに対し、賢ちゃんが「ファブリーズしとるよ!」と言い返し、つっちーも「キレイキレイで手洗っとるで!」と援護射撃。からの、賢ちゃんの「除菌どころじゃない、滅菌!」で崩れ落ちる本ちゃん。この流れがめちゃくちゃ面白かったのに、文字じゃ伝わらない。少しでも伝わってほしい。

よく考えたら最近誠でのライブを見ることが続いている私ですが、誠のパフォーマンスは本当にレベルが高くて見応えがあって、毎回充実しています。九州では久しぶりのリリイベだったので、何を歌うかなっていう期待もあったのですが、キッチリ盛り上がるセトリを用意してくれて、たくさん声を出せたのも楽しかったです。本当に誠は歌が上手い。

最後に特典会のお話。この日は炎・天下奪取を引っさげてのリリイベは九州初上陸ということで、各メンバー上限10枚。元々今回はユニバイベに行けない分、上限積もうと決めていたので少し驚きましたが、10枚買いました。前に10回ループした時、もう絶対しないと思ってたのに結局しちゃう私。スタッフさんにも「たくさんありがとうございます」って言われてしまいました。特典会準備してる時に明らかに本田列が長くなる前提で準備が進んでて「これは!特典券が!売れている!」と確信したのめちゃくちゃテンション上がったんだけど、最終的に本ちゃんが最後まで残ってて、九州には本田の女が多いかもしれないって思えて本当に嬉しかったです。本田列よ、伸び続けておくれ。あと、本田列と変わらないレベルで平松列が伸び続けていたのも嬉しかった。ハッピーセット。それは私が本田推しだからそう思うだけであって、みんなの推しが増えてくれるといいなっていつも思うの。結局ボイメンみんなが大好きだから、本ちゃんだけでなく他のメンバーの魅力も分かるから、私が富豪なら全員上限まで買いたいもんねマジで。でも、私がひとりでいっぱい買うだけじゃなくて、全体的にファンがもっと増えてくれるのが一番だと思う。だから、九州にも積極的に来てくれて、潜在的にボイメンのファンになり得る人達の心をもっと掴んでくれたらいいな〜、という、これは私のワガママでもあるんだけど、本気でそう思っています。話が脱線し始めたから、このくらいにしておきます。

この先は私の特典会レポなので、興味のある方だけどうぞ。

私「待っとったよ〜!」
本田「久々だもんね!言うてもまた来週来るけど!ん?来週?17か!」
私「そう!今度のとこ私の庭だから!」
本田「福岡?あれ福岡?」
私「そう!」
本田「縄張りなんだ?」
私「そう!」

もう、本当に、待ってた。この日鍵開けだったんだけど、一言目に何を言おうかってすごく考えて、やっぱり待ってたよってことを一番伝えたかったからこの言葉を選びました。ところで、何故一瞬福津のことを「福岡?」って悩んだのかしら。ちなみに縄張りだったのは過去の話なんですが、それはまた次回の話ということで。

私「…」
本田「…?」
私「…ふふふ」
本田「ん?」
私「いや、あの、たまには男前な顔をジッと見つめてみようと思って」
本田「それはダメよ!それはね、気まずさアリだよ!」
私「でも…!」
本田「気まずさがね、あるよね」
私「あ〜もう無理…!」
本田「最近名古屋来てる!?」
私「行っ…てないっ!」
本田「あかんやん!」

いつもしゃべることに夢中で、もしかしたらあんまり顔を見てないかもしれないということに気が付きまして。基本的に目を合わせるのが得意でない上に、好きな顔があんなに近くにあったらまじまじと見るのも難しいじゃないですか。だから、あえて無言で見つめてみました。思ったよりも沈黙が長くなって、耐え切れずに笑い出す私と本気で不思議そうな本ちゃん。ジッと見つめると気まずいってそれファンに言う台詞か?って思ったけど、本ちゃんらしいと言えばそうかもしれない。最終的に「もう無理!」って目を手で塞いじゃうくらい、この時は結構じっくりと本ちゃんの顔を見つめた気がします。その流れで「最近名古屋来てる?」って聞かれたのも謎だし、咄嗟に「行ってない!」ってダミ声で答えたけど、よく考えたらマコライってわりと最近なのでは?ボイメンの言う最近の基準が分からない。

私「おはスタおめでとう!」
本田「ありがとう!見てよ!明後日!」
私「うん!あの、私おはガールと言えばフルーツポンチなんだけど!」
本田「フルーツポンチ?」
私「おはガールフルーツポンチ!あれ?おはスタ見てなかった?」
本田「見てたけどそんな毎日見てた訳じゃなくて…たまに見とったで!週に1、2回くらい!まあ、俺がめざましテレビ見たがっとったから…」
私「なるほど」

同い年なので絶対話しが合うと思ったのに、まさかのそんなに見てなかった件。おいおい準レギュラー。私達の世代だとおはガールグレープおはガールフルーツポンチがど真ん中世代です。どの子が一番タイプだったかとか聞きたかったから残念。ちなみに私はフルーツポンチのゆりんが好きでした。それにしても、めざましテレビが好きな本ちゃんもブレなさあるよね。

私「炎・天下奪取の2番の歌い出しの本ちゃんのソロがめっちゃ好きで!」
本田「お〜!」
私「そこだけずっとリピートしときたい!」
本田「編集編集」
私「そう!もうね、「黙っていても」だけずっと聴いてたい!」
本田「そこな!すぐ豊入ってくるからな!」
私「そうそう」

本ちゃんの歌声が大好きなんだけど、それをなかなか伝える機会がなかったので、この話題を出してみました。ラップのところもかっこよくて大好きなんだけど、2番の歌い出しはアイドルっぽさのある歌い方だから大好きなんです。マジでずっと聴いていたい歌声。でも、歌声が大好きってこと、あまり伝わらなかったな。

私「私こう見えて握力強いっちゃけど」
本田「ほんと?ちょっとやってみて!」
私「いい?」
本田「…あ、強い!」
私「やろ?」
本田「強い強い!これ何キロくらいあるの?」
私「36くらい」
本田「女子にしては強いんじゃない?びっくりした」

相変わらずしゃべるのに夢中で握手の感覚忘れがちなので、今回は自分からギュッとしてみる作戦に出ました。自分で言うのもなんですが、見かけによらず握力が強いのが自慢です。握力が強い人は生命力も強いそうですよ。あまりギューッて握ると、握手会に影響しちゃうと思ったけど、ほんの一瞬だけ本気で握りました。本ちゃんの手、男らしいけど肉がなくて華奢なんだなって実感してドキッとしました。折れちゃいそう。とはいえ、本ちゃんは弓道部だったからきっと握力は強いはず。「痛い」とは言わず「強い」と言ってくれた優しさが沁みる。

私「私もおしゃべりクソ野郎って呼ばれとるっちゃん」
本田「ん?」
私「おしゃべりクソ野郎って呼ばれとーと」
本田「一緒じゃん!」
私「一緒!あの、推しはタレントに似るって言うんだけど」
本田「そう言うの?」
私「言う」
本田「じゃあ似たの?それとも元々似てた?」
私「似てたかもしれない」

どうも、おしゃべりクソ野郎です。ちなみに、アミューズのおしゃべりクソ野郎こと溝口琢矢くんとアニソン界のおしゃべりクソ野郎ことオーイシマサヨシさんと本ちゃんの3人で円卓トークしてほしいってのが私の小さな夢です。ていうか、「一緒じゃん!」って反応が可愛すぎる。「推し(担当)はタレントに似る」ってよく言うけど、似てる人に惹かれるっていうのはあるのかもしれないですね。私の特典会レポ読んでもらったら分かるけど、いつも私から話題を振るし、私が黙ってても待たれるんですよね。たまには本ちゃんから話してもらいたいんだけどな。

私「本ちゃんのその靴欲しいっちゃけど」
本田「買えるんじゃないの?」
私「ないっちゃん」
本田「買えるよ多分」
私「でも見らんのよね〜」
本田「ネットじゃない?結構みんな買ったって言ってたよ?」
私「ネットか〜」
本田「ちょっと前のやつだもんねこれ」
私「うん、かわいいから欲しくて」
本田「ネットじゃないかな?Amazonじゃない?」
私「そうかも!」

少し前に店舗で見たような気はするのですが、今はどこも置いてないですね。普段ナイキの靴を履かないから、一度合わせてから買いたいんだけど、やっぱりネットじゃないと買えないのかも。それにしても、可愛い靴ですよね。本ちゃんはピンク単色のことが多いから、いろんな色味が入ってるのもいいし、パステル系なのも素敵。

私「また買えるバトル出るんやね」
本田「うん」
私「この間のMCの安定感がすごかったから…」
本田「まあ、無難だけどね」
私「え〜?」
本田「無難になるよね、大御所の方とかに暴言吐けないし」
私「確かに」
本田「毒舌になれないからな〜」

本ちゃんのMC業、もっと見たいって思ったし、絶対今後もいろんなところからお声がかかると思ったことを伝えようとしたんだけど、あまり上手く褒められなくて残念。本人は無難っていうけど、実は無難にこなすのは一番難しいと思います。安定感のあるMCって大変ですよ。爪痕残そうって思ったらちょっと無理してしまいそうなところを、肩肘張らずにできてたから。その方が長続きするし、絶対次につながると思う。毒舌司会者がウケるのは分かるけど、ただ暴言吐けばいいって訳じゃないし、今の本ちゃんのスタイルを貫いてほしいな。

私「YAMATO☆Dancingのリリイベここであったやん?」
本田「うん」
私「あれが2年ちょっと?前で、その時私がリリイベが3回目だったんだけど」
本田「うん」
私「なんかその時のことを思い出した!」
本田「何や唐突に!」

途中で剥がされたから間に合わないって思って言うの諦めたんだけど、本当は「あの頃から何回も特典会に参加しているのに未だにこの距離感に慣れなくて、あの頃と同じように緊張してるしドキドキしてる」って言いたかったんです。久々に時間配分を間違えた。本当にいつまで経っても、本ちゃんを目の前にすると一気に体温が上がって心臓が脈打つのを実感するし、緊張して何回もイメトレしながら握手するんです。それだけ本ちゃんのことが大好きで、こんなにときめいてるんだよって伝えたかったんだけど、10秒じゃ無理でした。

私「久しぶりに福岡で本ちゃんに会えて、やっぱりかっこいいな〜って、思いました!」
本田「おうっ、んふふ、ありがとうございます」
私「うん」
本田「次は17日?」
私「そう!」
本田「またすぐだね!なかなか福岡来なかったのに突然来始める!」
私「ほんとやね、ありがとう」
本田「また次も楽しみにしとってな!」

久々に福岡に来てくれて、本ちゃんに会えたのが嬉しくて、やっぱり自分にとって慣れ親しんだ場所に来てくれるって特別なことだし、いつにも増して輝きが増す気がします。いつもかっこいいけど、特にかっこいいって思う。でも、言いながら照れちゃいましたね。もっと褒めたいのに。もっと大好きって伝えたいし、もっとかっこいいよ男前だよって伝えたい。「次も楽しみにしてて」って言ってもらえたの、嬉しかったです。この嬉しさを何て表現したらいいか分からないけど。我ながらベタ惚れです。

たくさんしゃべったけど、もっとしゃべりたかったって思うくらい。だけど、もっと時間があっても上手に言葉が出てこないのも事実なんですが。福岡に来てくれたこと、何度でも言うけど、本当に嬉しかったんです。私だけでなく、たくさんの人が待ってたと思います。だから、来てくれてありがとうって気持ちを少しでも伝えられたらいいなって思っていたのですが、話術が足りない。これからも修行します。とても楽しいリリイベでした。誠のみんな、ありがとう大好き。