私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

工藤新一くんと毛利蘭ちゃんが付き合っている世界に生きていて良かった

自分でもちょっと信じられないんですけど、1ヶ月半ほど前まで「そういえば新一と蘭ちゃんって付き合い始めたんだっけ」くらいのレベルでしか認識していなかったんですよね。『紅の修学旅行編』も当時放送されているのを知らなくて、後になってツイッターのトレンドに入っているのを知って「見ておきたかったな」って思ったのは覚えているんだけど、本当にその程度だったんですよ。

元々小学生の頃からコナンは好きな方の作品だったけど、アニメを毎週見ていた訳でもないし、映画も金曜ロードショーでやってたら観るくらいだし、コミックスも最初の方しか読んでいない上に、読んだのが昔過ぎてよく覚えてない。

今回、こうやってコナンにハマり始めたきっかけは金曜ロードショーで『世紀末の魔術師』が放送されたからなんですけど、実はその日もじっくり観ていた訳ではなくて。しっかり観たのは最後の方だけなんです。しかも、その時、今年の映画に怪盗キッドが出るから放送されたんだってことすら知らなかったんですよ。「そろそろ今年の映画が公開になるんだなあ」って思うくらいで。

でも、何故か、こう、心に引っかかったのは、その数日後にBOYS AND MENのインスタライブで本田剛文くん(私の推し)が「この間、世紀末の魔術師やっとったな!」って言っていたからなんだと思うんですよね。その時に本ちゃんが「俺は14番目の標的が好き」って話をしていて。実は、私が初めてちゃんと観たコナンの映画って『14番目の標的』なんですよ。小学生の頃、子ども会のビンゴ大会の景品でもらったのが、14番目の標的のVHSだったんです。本当は『時計じかけの摩天楼』が観たかったんだけど、役員さんがラベルを間違えて貼っていて、中身が入れ替わっていたんです。でも、観てみたらめちゃくちゃ面白くて、といっても、その時に観た内容とか全然覚えてないんだけど、それでも面白かったっていうことは強烈に覚えていて、間違いなく一番思い入れのある作品なんです。だから、推しもあの映画が好きなんだって嬉しくなっちゃって。推しとは同い年なので、そういう意味でも近いところがあるんでしょうね、うん。とりあえずその日を境にパチンとスイッチが入ったんですよね。

それで、次の土曜日にたまたま新聞のテレビ欄を見ていたら、その日が『怪盗キッドVS京極真(前編)』の放送日だと分かって、見てみようと思ったんです。実は、この日まで私は京極さんのことを全然知らなくて、今年の映画が怪盗キッドと京極さんのダブルメインだということもその時に知りました。本当に何も知らなかったんですけど、アニメがすごく面白くて、これは来週も見なきゃいけないなって思って。それで、1週間後に後編も見たら「もうこれは映画を観に行くしかない!」って思うくらい、怪盗キッドと京極さんの対決にワクワクしたし、とにかくコナンが見たい!読みたい!って状態になりました。

今までいろんな沼にひとりで勝手にハマってきたので、誰かに何を聞くこともなく突き進んでしまうんですけど、今回もそのパターンでした。あんまり大きな声で言えないけど、まずは情報収集には某動画サイトをひたすら漁るところから始めるんですよ。あとは、ググる。シンプルだけどそれが一番。で、だいたいどのくらいどこに課金したらいいかな〜ってのを見定めていくって感じなんですけど、今の段階でまだ踏ん切りがつかない部分もあるので、最低限の出費で済んでいます。誰も読んでないと思うけど、もしコナンが好きな人がこれを読んで「ここは課金しとけ!」ってのがあれば、ぜひ教えてください。個人的に、一番継続的に確実に『名探偵コナン』というコンテンツに課金できるのは公式アプリのプレミアムクラブなんだろうなって思うんだけど、どうなんだろうか。どこから課金するのが正解なんだろうか。

で、話は少し戻るんですが、さらに私がどれほど何も知らなかったかというと、新一が蘭ちゃんにロンドンで告白したということも知らなかったんですよね。そこからつながって修学旅行で付き合う、という流れになったのもここでやっと理解。いや、ほんと、1ヶ月ちょっと前の私、何も知らないにも程がある。新一と蘭ちゃんの関係性も「幼馴染で両片想い」っていうのは分かっていたけど、それ以上でもそれ以下でもなくて、多分昔コミックスを読んでいた時は、ラブコメ要素よりもミステリ重視というか、私にとってミステリの面白さを教えてくれた作品だし、初期の頃は新一と蘭ちゃんがどうやって出会って、どうやって一緒に過ごしてきて、どんな風に想い合っているか、というところはまだ見えてなかったりして、ふたりの恋愛に共感できてなかったんだと思います。

だから、ふたりが4歳の時に保育園で出会って、新一はほぼ一目惚れで一途に蘭ちゃんのことが好きで、小学生の頃は恥ずかしさから距離を置こうとしていた時期もあったけど、それも乗り越えてずっと一緒に過ごしてきて、なのに蘭ちゃんは新一への恋心を自覚したのが高校1年生の時で、新一の長過ぎる片想い期間を経て両片想いになり、クラスメイトには夫婦認定されながらもお互い想いは伝えることができなくて、というか、それ以前にふたりで海外旅行って何事なんだよ、それはさておき、ふたりで水族館行ったり、そこで蘭ちゃんの携帯を(間接的に)壊してしまった新一は蘭ちゃんが空手の都大会に優勝したお祝いに新しい携帯を買ってあげるし、トロピカルランドでデートするし、なのにそこで新一はコナンくんになっちゃって、蘭ちゃんの家に転がり込んでからのめちゃくちゃ紆余曲折ありながらも、新一はロンドンで蘭ちゃんに告白するし、そこからまたしばらく時間が空いたけど、修学旅行で蘭ちゃんはやっと告白の返事ができて、しかもそれが清水の舞台でほっぺにチューっていうのも全部初めて知ったけど、もう、そんなの、好きじゃん!そんなの知ったら好きしかないよ!ってなって、あっという間に新たな新蘭至上主義者が爆誕しました。早かった。『怪盗キッドVS京極真(後編)』を見てから1週間も経たずにここまでたどり着いていた。我ながらすごい勢いだなって思います。気が付いたら新蘭を求めて特製コミックスの『ロマンチックセレクション』を全巻一気に買っていました。私は青山先生が描くラブコメが好きなんだと思います。そこの境地にようやく達しました。こうして、私にとってコナンはもうミステリだけでなくラブコメでもある、贅沢な作品になりました。

それからはもう毎日新一と蘭ちゃんが付き合っているという事実を噛み締めながら幸せに過ごしております。ふとした瞬間にも考えちゃうくらい、ふたりのことが本当に大好きになりました。

ちなみに、今年の映画は3回観ました。コナンカフェも2回行きました。良いタイミングで好きになったのか、それともそういうタイミングだからこそハマったのか。どちらにせよ、毎日楽しいからそれが一番です。

またコナンのことで書きたいことがたくさんある時はブログに書きますね。

さようなら平成。

平成が終わる。

平成4年に生まれた私は、平成しか知りません。だから、平成が終わるっていうのはとても不思議で、何だか寂しくもあります。


私にとって平成は今までの人生全てだし、今の私を形成したのは平成でした。


平成の時代を生きていく中で、私はたくさんの「好き」と出会いました。時代は変わるけれど、私が好きなものは変わらずにあり続けます。平成の私と令和の私は続いていきます。それは間違いなく言えることです。


だから、平成が終わるのは寂しいけれど、悲しいことではないと思えるようになりました。


次の時代でもより良い人生を歩んでいけたらいいな。そして、これからも自分の好きなものや人に正直に生きていきたいです。


平成の時代に私と出会ってくれた皆様、ありがとうございました。令和の時代でもどうぞよろしくお願いいたします。

怪盗がお好き?

今日も相変わらず『名探偵コナン』にハマっています。幼い頃から少しずつ触れてきて、少しずつ積み重ねてきたコナンへの興味が今爆発しております。誰か私にコナンをもっと布教してほしい。

コナンで一番好きなキャラは?と聞かれたら、「怪盗キッド」と昔から答えてきました。キザなプレイボーイというのは正直言ってタイプではないのですが、怪盗キッドのビジュアルが大好きで仕方ないのです。白タキシードと風に翻るマント、シルクハットの向こうにモノクルが光って、その姿はうっとりするほど美しい。

映画の公開も迫ってきたし、改めてコナンという作品や怪盗キッドについてお勉強をしているのですが、ふと気が付いたのです。

もしかしたら、私は怪盗が好きなのかもしれない。

今まであまり言ったことがないのですが、私は『怪盗セイント・テール』が大好きです。怪盗といえば、必ずこの作品を思い浮かべます。生まれて初めて買ってもらったアニメのサントラCDもセイントテールでした。もちろん漫画は何回も読み返しています。それで、怪盗キッド怪盗セイント・テールの共通点をいくつか見つけたので、少し話したいと思います。

まず、「父親がマジシャン、母親が怪盗」という点。キッドもセイントテールも、盗みを働く際に父親譲りのマジックを活用することも共通しています。普通、怪盗というのは息をひそめるものだとは思いますが、彼らにとってはひとつのショータイムであり、マジックを披露する場所でもあるんですよね。そういう派手な魅せ方をするのも、漫画的で好きです。

「恋の相手が警察の子」という点も同じ。(快斗と青子は恋仲と呼んでいいか微妙だけど)ある意味、禁断の恋みたいな感じですよね。

唐突にセイントテールを語るんですが、この作品の一番好きなところは、ヒロインが追われる恋、というところで、しかも、その「追われる」が「怪盗として」と「恋愛対象として」の二重の意味になっているところです。「あなたに捕まえてほしい、でも、正体を知られたくない」という葛藤、ハラハラするし、キュンキュンするし、私は何度読んでも最終巻で号泣してしまいます。アスカJr.に対して、芽美でいる時とセイント・テールでいる時では、ちょっと態度が違うところも、なんかいいんですよね。怪盗でいる時のほうが大胆で小悪魔っぽいところが可愛すぎる。本当にこの作品の素晴らしさを知ってもらいたいし、語り合いたいから、みんなに読んでほしい。

怪盗キッド怪盗セイント・テールに少しだけ違う点があるとすれば、怪盗である理由なのかな、と思いますが、どちらにせよ「自分の正義」のためではありますよね。完全なる悪党ではない、というところは同じ。もちろんやっていることを全面的に正当化することはできないけど、目的を持って盗みを働く姿には、つい感情移入してしまうんですよね。

あと、また違う作品の話になるんですが、『美少女戦士セーラームーン』の中で、あえてひとりを選ぶならセーラーヴィーナスこと愛野美奈子ちゃんが好きなのですが、彼女も元々はセーラームーンの前からあった『コードネームはセーラーV』という作品の主人公なんですよね。怪盗キッドこと黒羽快斗も元はと言えば『まじっく快斗』の主人公。そういうところも惹かれる部分なんだと思います。それぞれが別の物語で活躍している過去があって、今につながってきている。知らなくてもいいけれど、知るとますます世界観が広がる感じがします。

結局、私がめちゃくちゃ『怪盗セイント・テール』が好きだということしか伝わらない気がするけど、とりあえず今はとても怪盗キッドに夢中ですよ、というお話でした。

BOYS AND MENを好きになって3年が経ちました。

運命の出会いから3年。 


今思えば、タクシーの中で流れていたラジオで偶然聴いた曲がきっかけで、こんなにも私の人生を変える存在になったボイメンって本当にすごいと思います。


この3年間、ずーっとMAXで愛を捧げていたかといえば、それは難しかったと思うんだけど、どんな時でも彼らは私にとって大切な人たちであることは間違いないし、彼らのいない生活なんてもう考えられなくなりました。


私がボイメンを好きになってから、たった3年間で、彼らと一緒に、武道館ライブ、47都道府県ツアー、ナゴヤドームライブと、信じられないくらいたくさんの「濃い」時間を過ごしてきました。本当に怒涛の3年間。もちろんそれ以外にもたくさんイベントに参加して、そのたびに楽しい思い出ができました。


彼らに出会ってから、私の価値観は大きく変わってしまったと思う。でも、それはとても良いことで、視野が広がって、世界が広がって、固定観念に縛られないようになりました。自分の「好き」という気持ちに正直に生きていけるようになった。誰に何て言われようと、私は私の愛する人やものと生きていくんだって思えるようになった。


何よりもがむしゃらに生きている彼らが大好きだ。


彼らがボイメンでいる限り、私は彼らのことを信じていきたいと思います。

平成4年生まれが平成最後にハマったのは『名探偵コナン』という沼だった。

平成31年4月1日、新元号が「令和」になると発表されました。

平成も残り1ヶ月。今、まさに、時代が大きく変わろうとしています。

ところが、勝手にひとりで沼にハマってしまうオタクこと私、平成の最後にまた新たな沼にハマってしまいました。

それは、『名探偵コナン』です。

え?

名探偵コナンといえば、私が2歳の時に漫画連載が始まり、4歳の時にはテレビアニメの放送が始まった作品です。未だに私の中ではエンディングでパラパラを踊るコナンくんが印象的。小学校低学年の頃は、歯の矯正のために毎週通っていた歯医者さんでずっとコミックスを読んでいたので、多分30巻くらいまでは読んだはずだし、劇場版アニメはテレビで放送される時は必ず観るし、テレビアニメも時間が合えば観ます。高校2年生の時、クラスメイトの女の子たちが「蘭ちゃんと同い年になっちゃったね〜」と話していたのも覚えている。小さい頃からずっと当たり前のように続いていて、普通に好きな作品。今までの私とコナンの関係はそんな感じでした。

実は、我ながらどうして突然こんなにコナンにハマってしまったのかよく分からないのですが、確実に今、私の中でコナンの存在がとても大きいことは感じています。

ここまでに至った経緯として、まずは3月22日の金曜ロードショーで放送された『劇場版名探偵コナン 世紀末の魔術師』がきっかけだと思います。私は昔から怪盗キッドのビジュアルが大好きなんです。なので、怪盗キッドが登場するこの映画を観て、久しぶりに「怪盗キッドかっこいいな〜」と思った、までは今まで通りだったんです。だけど、それから1週間経った次の金曜日を境に、何故か突然ものすごくコナンが観たい!読みたい!という衝動に駆られ、動画を観まくった挙句、3月30日に放送されたテレビアニメの『怪盗キッドVS京極真(前編)』を観た時点で、完全に沼落ちした気配を自分の中に感じました。

こう書くと、どちらかといえばコナンというより怪盗キッドに落ちたのでは?という感じがしますが、基本的に私は主人公至上主義なので、『名探偵コナン』という作品の中ではやっぱり新一と蘭のカップルが一番好きなんですよね。そこはもう揺るぎない。それもまた改めて確信したところです。

とりあえず今年の劇場版が楽しみです。初めて映画館に観に行きたいと思っています。昨年もあまりにも話題になっていたから、たいがい観に行こうかと思ってはいたのですが、結局見逃してしまったので、今年は確実に映画館で観たいです。もしかしたら何回も観たくなったりするのかしら。

ということで、しばらくコナンの話ばかりすると思いますが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いします。