私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

25歳ヲタク女が使っているコスメの話。

前回の美意識ブログに少しだけど反応があった手応えを感じているので、調子に乗ってまた書くよ。今回は私が今使っているコスメの話です。

元々少し敏感肌気味で肌に優しそうなものを何となく使ってきたのですが、最近はインターネットや雑誌で見て、刺激が少なそうなものは試してみようかな、という感じになっています。そんな私のコスメ事情です。

【化粧下地】マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV
セーラームーンとのコラボということで、ちょうど前に使っていた下地もなくなる頃だったので、思い切って買ってみました。スーッと伸びてベタベタしないし、肌がピリピリすることもないし、「くずれ防止」と言っているだけあって本当にくずれない。と思っているんだけど、そもそも化粧くずれってどの程度からくずれてるって言うの?というタイプの人間なので、完全に個人の感想です。私の中で「ベタつかない」というのがひとつの指標になっていて、長い間キュレルのBBミルクを使っていました。本当はキュレルの化粧下地が好きだったんだけど、いつの間にかなくなっていたんですよね。でも、BBミルクも悪くないです。たまには冒険してみよう、と前回はマジョリカマジョルカの下地を使っていましたが、比較的評判は良いけど、私はピンと来なかったので、今回はちょうど良い機会だと思い、変えてみたという感じです。

【ファンデーション】マキアージュ ドラマティックパウダリー UV
これは試供品を使った時に毛穴をキレイにカバーしてくれるな、と感じたので購入。結構長い間使ってるかな。未だにファンデーションを上手く肌に乗せるコツが掴めません。化粧下地同様、セーラームーンとのコラボでコンパクトケースが発売されたので、ついでにケースも新調しました。

【ハイライト】キャンメイク グロウフルールハイライター 01
ブルー系の色が入ってると良いと聞いたので買ってみました。正直あまり分からない。私の使い方が悪いのか?ただ何となく鼻筋がツルっとしてるように見えるような、そうでもないような。

【チーク】M・A・C ミネラライズ ブラッシュ デインティ
初めて買ったデパコスです。さすがにBAさんにしっかり見ていただいたので、血色が良くて肌馴染みが良い色だなあと思っています。結局私のテクニックが追いつかず、何となく寝起きよりも血の気がある顔になったかな~というくらいしか効果がないけど、不自然さは一切なし。気に入っています。

【アイシャドウ】マキアージュ ドラマティックムードアイズ 21 / キャンメイク ライティングリキッドアイズ 01
マキアージュは確か去年の春の限定色だった気がします。水原希子ちゃんのCMが素敵だったので、思わず購入。それまではピンク系のアイシャドウばかり使っていたけれど、意外と寒色もいいかもしれないと思ったのはこのアイシャドウのおかげです。ただし、やはり私のテクニックが追いつかないので、上手くまぶたに色が乗っていない気がします。正直付けている意味はあるのか、とたまに思う。キャンメイク涙袋用。あまりにも貧相な涙袋でクマも目立つのでこれで何とか誤魔化しているつもりです。上手く使いこなせていないのでふっくら涙袋とまではいかないけど、それなりに目元が明るくなる気はします。

【アイライナー】クレアボーテ ベルサイユのばら プリンセスアントワネット リキッドアイライナー(ブラウン)
なんか評判が良いイメージがあって買って以来、何となくずっと使っています。不器用な私でもそれなりに使いこなせているけど、まつ毛の隙間を埋めてる感はなくて、影を強調してる感がある。やっぱり私のテクニック不足かしら。そろそろ他のアイライナーも使ってみたいな、と思っている今日この頃です。

【マスカラ】メイベリン ラッシュニスタ 01 ブラック
最近新調しました。前はケイトを使っていたけど、何だか不器用な私には使いづらくて。メイベリンはずっと安定して評判が良いイメージがあったので買ってみました。真っ直ぐスッと伸びてくれるから良い感じです。ちょっとだけ毛束感が出過ぎる感じはするけど、多分私の腕が悪い。

【リップ】マキアージュ ウオータリールージュ RD388 / ポール&ジョー ティントリップグロス 002
ずっとマキアージュのドラマティックルージュルージュ(BE322)を使っていたのですが、最近ティントってよく聞くな~という興味で、マキアージュからティントが出たよってタイミングで購入。発色が良くて好きです。色落ちもあんまりしない、と思う。信憑性のない感想です。ポール&ジョーのティントグロスは、先日誕生日プレゼントでお友達からいただいたもの。持ち歩き用にしています。ラメは入っているけど主張が激しくないし、色味もわざとらしくない程度に明るいピンクで気に入って使っています。

【アイブロウ】ヴィセ リシェ ソフト&スリム アイブロウ ペンシル BR305 / ケイト デザイニングアイブロウN EX-5
ヴィセは雑誌で良いって書いてあったから購入しました。落ちにくいし、書きやすくて思った通りの眉毛になってくれるから良いな~と思っています。ケイトのは何を読んでもあまりにも使っている人が多すぎるので、興味があって購入。でも、不器用だからパウダータイプは向いてないみたい。あと単純に自眉毛が強すぎる。ノーズシャドウとしても使っているけど、多少は陰影付いてるのかな、という程度。

圧倒的マキアージュ率。偶然なんですけどね。正直、良いとか悪いとか、あんまり分からないというのが本音です。良し悪しが分かるほどいろいろ試した訳でもないので。最近はネットや雑誌でオススメされているものを何となく取り入れてみている感じです。

ありがたいのかそうでもないのか分からないけど、化粧映えする顔と何度か言われたことがあるんだけど、どうしたらこの顔が活かされるのか分からないし、どうなるのが正解なのか分からないし、そもそもどういう方向性の可愛さに近付けていけばいいのか分からないので、本当に手探り状態です。究極なりたい顔は北川景子なんだけど、そこに近付こうとするのは間違いかもしれないじゃないですか。その顔になれなくてもいいから、自分の顔をベースに無理せずなれる美人の顔になりたい。なかなか難しいですね。

こんな感じで、今後も少しずつコスメとか美意識に関する話がしたいです。自己満足でいいのです。ただ私が話したいだけなのです。気が向いたら話に付き合ってね。

6/18 BOYS AND MEN『帆を上げろ!』リリースイベント in トキハわさだタウン

リリイベで遠征しないって言っていたのに遠征しました。

ということで、トキハわさだタウンで行われたBOYS AND MENのシングルリリースイベントに参加するため、大分県に行ってまいりました。地元では「わっタン」と呼ばれているらしい、かなり大きいショッピングモールです。愛称が可愛い。参加メンバーは水野勝くん、田村侑久くん、辻本達規くん、小林豊くん、本田剛文くん、勇翔くん、平松賢人くん、土田拓海くん、吉原雅斗くんの9人。田中俊介くんだけが不在でした。これだけのメンバーが集まるのは最近では珍しいかもしれないですね。

隣の県と言えど、バスで2時間半ほどかかります。無謀にも日帰り遠征ということで、朝早く出発し、夜遅く帰宅するという弾丸スケジュール。現地には販売開始から1時間ほど前に到着しましたが、もうすでに列がそこそこできていてびっくりしました。みんなどこからどうやって来たの。相変わらずヲタクの朝は早い。

会場のスタッフさんや司会のお姉さんの進行が結構上手くて、かなりすんなりとイベントが進んだ印象。特に司会のお姉さんのおしゃべりが上手で、和やかなムードになりました。

1部のセットリストは『NO LIMIT』『YAMATO☆Dancing』『がむしゃらロケンロー』『常夏オーライ!』『Chance for Change』。がむしゃらロケンローは歌うだろうと思いましたが、まさかここで常夏オーライ!を披露してくれるなんて。円陣組んだ瞬間に会場がワーっと盛り上がったのがとても良かった。私も初めて見れたし、なかなか最近は披露していないイメージだったのでラッキーだったなって思いました。

がむしゃらロケンローではイントロで誰かがエアギターをするんだけど、いつもじゃんけんで決めているんです、だけど今日は時間がないので事前にじゃんけんしてきました、ということで。「推しメンじゃなくても「フー!」って言ってあげてくださいね」と勝くん。土田推しはいないかもしれないけど、もしも土田だったとしても言ってね、みたいないつものつっちーいじりがあったのですが、確かつじちゃんが「土田のファンは7人しかいない」って言ったら、つっちーが「そしたら今日全員集まっとるやん!みんなエース!」って返していました。ヲタクのエースが勢揃い。じわじわくる。結局、エアギターは本ちゃんでした。「フー!」って言う準備をしていたはずが、不意打ち過ぎて「キャー!」と言ってしまった。いやあ、単純だけど推しが前に出てくると嬉しいですね。実は初ロケンローだったんだけど、キメの振付が多くて、その時にキリッとかっこつける本ちゃんがたくさん見れるので、早速お気に入りになりました。あと、何気にハッピーセットの絡みが多い。賢ちゃんが本ちゃんのフードを頭に被せてたのが可愛かったです。ハピセ推し歓喜。曲自体も熱いけどどこか爽やかさもあって大好きです。

MCではいつもと立ち位置が違って、賢ちゃんが一番下手側、つまりヤン5側の端っこに立ってました。最初賢ちゃんがどこにいるか分からなくて、声は聞こえるけど、どこ!?って探してしまいました。なんか理由があったのかな。10人組だけど今日は9人で来ました、という話で、冗談だけど「あとひとりは置いてきました」って言われてて俊くん不憫わろた。

大分にこれだけの人数で来るのは初めてだね、という話から、勝くんが大分にすごく思い出があるという話に。いろんなお仕事で食レポとかしたりするけど、今までで一番素で美味しいと思ったのは、大分で食べた関サバ寿司だったそう。ツタトラの九州旅の時に食べていたやつです。本ちゃんもあれ美味しかったよね~って言ってたら、賢ちゃんが「美味しかったのは分かるけど、勝くんがもう10回以上その話をするから、さすがに僕も珍しく勝くんにうるせえって言っちゃったもんね!」って言ってて可愛かったです。

新曲の紹介では、いしわたり淳治さんがSuperflyさんの『愛をこめて花束を』をプロデュースされているということで、勝くんから「勇翔くん、愛をこめて花束をは知ってる?」と聞かれ、「昨日スタッフさんが歌ってた」と、ゆうぴん。受け答えが斜め上。そんな流れでゆうぴんが歌ってみることになったんだけど、何故か原曲キーで歌うゆうぴん。つじちゃんが「なんで原キーでいったんや!」とツッコミを入れると、勝くんが「のどちんこがスーパーフライしとるで!」って言ってたのが面白かったです。あれ、なんかこういう下り、NEWSの加藤シゲアキ先生でも見たことあるな。

他にも今度NHKのうたコンに出ます!豪華な出演者の中でボイメン大丈夫?って思うかもしれないけど応援してね!という番宣もありました。一体何を歌うのか気になるところですね。楽しみだなあ。

チャンフォー前に勝くんが「今日は吉原があまりしゃべってないから」と言って、煽りを任せたんだけど、まぁちゃんが「煽りとか苦手なんで、皆さん空気読んでもらっていいですか?」って言ってたの笑った。煽りすらゆとっている。でも、しっかり煽ってました。あと、チャンフォー歌っている時にゆとりちゃんがわちゃわちゃ同じ動きしてて可愛かったです。

1部は結構たくさんしゃべっていた印象です。学ランはメッシュにしたいって言ったことあるけど却下されました、とか、この衣装で過ごしやすい時期は1年間で10日間くらいしかない、とか、学ランネタが多かったかな。広い会場だったので、通りがかりの人も立ち止まって見やすかったんじゃないでしょうか。結構たくさんの人が見ていてくれていた印象です。

2部のセットリストは『NO LIMIT』『GO!!世侍塾GO!!』『ヤングマン~B.M.C.A.~』『がむしゃらロケンロー』『Chance for Change』。キャッチーな曲揃いのセトリでした。みんなで踊れるとやっぱり楽しいですね。

がむしゃらロケンローのエアギター、1部は本田でした、という話で、たむちゃんが「でも本田はもっといけたはず」みたいなことを言ってて、本ちゃんが「一応あれギターじゃなくて三味線の動きしてた」って言ってたの笑いました。伝わってないよ。で、さすがに連続で同じメンバーだと面白くないから、今回も事前にじゃんけんしてきました、誰が出てきても「フー!」って言ってください、ということで。始まってみたら、なんと今回も本ちゃん!何故2部もじゃんけんに参加したんだろうか。いや、嬉しかったですけどね。完全に本ちゃんはないと思っていたので、またも不意打ちを食らって「キャー!」って言ってしまったよね。まあ、少しでも私のキャーが本ちゃんに届いて良い気持ちになってくれていたらそれはそれで良いと思います。

ヤングマンで賢ちゃんがフリーの動きの時は全部マイケルジャクソンっぽい動きをしていて、それを見て笑っている本ちゃんが可愛かったです。あと、まぁちゃんが差し出した手に賢ちゃんがそっと手を重ねてたのも可愛かった。

チャンフォーでは本ちゃんがメンバーのいない空間に入ろうとしたらたむちゃんが下がってきてぶつかっちゃって、お互いごめんごめんって言いながら思いっきりハグしてたのが可愛かったです。

2部はMCが若干短めだったような気がします。最初の自己紹介の時に、勝くんが「あと田中ってメンバーがいるんですけど」って言ったら、たむちゃんが横でコソッと俊くんの真似をしていたのが可愛かったです。しゃべっていた内容は1部とあまり変わらず。そういえば、いろんな方が見てくださってますねっていうところで、おそらく通りがかりに見てくれていた男性のTシャツに「爆烈」って書いてあったのをいじっていたんですよ。そしたら、その後につじちゃんが「2階!」「3階!」「メンバー!」みたいな感じで煽りながら、不意に「爆烈!」って言ったら、爆烈Tシャツの方とその周辺の方々が「イエイ!」って言ってくれて、そういうところがさすがボイメンだな、と。どんどん周りを巻き込んでいく力がすごいな、と思いました。

ということで、とても楽しい1日でした。本当に天気が良すぎて、真夏のような暑さでしたが、大分まで行って良かったと思いました。

最後に、特典会のお話。10秒握手会初体験でした。焦るだろうと思ってじっくりイメージトレーニングをしてきたので、心配していたよりも上手く話せた気がします。とはいえ、やっぱり10秒だけって少し寂しいですね。今までものすごく話せていた分、物足りなさも感じました。でも、こればかりは仕方ないですね。それでは以下、私の特典会レポなので、興味のある方だけどうぞ。

1部 1回目
私「今日本田受けを狙ってきたんだけど、」
本田「本田受け!?」
私「そう、本田受け度何パーセント?」
本田「俺ってこんなイメージなの?」
私「寒色系でカンカン帽被ってきた」
本田「あーなるほど、そういう意味では85点やな、伸び代があるということで」
私「おっけー、ありがとう」

意外と本田先生のファッションチェックは厳しかった。ただ寒色系の服を着てカンカン帽を被っているだけではダメみたいです。あれか?顔が有村架純じゃないからか?それはさておき、伸び代はあるらしいので、また機会があれば、別のアプローチで行きたいと思います。本田受けって難しい。

1部 2回目
私「宣材写真のポーズって仮面ライダードライブを意識してる?」
本田「どれ?」
私「こういうやつ」
本田「あー!あれね!ちがっ、あれは俺の意思じゃないのよ!」
私「そうなん?」
本田「ほんとはもっとこうかっこよくこういう角度でしてもらいたかったのにカメラマンさんに顔をこうしろって言われてあーなったんだって!(みたいなニュアンスで言ってました)」
私「そっか~、ありがとう」

残念ながら、本田剛文は泊進ノ介ではありませんでした。「ひとっ走り付き合えよ!」って言ってもらいたかったんだけど、本ちゃんの弁明が一生懸命過ぎて頼めなかった。本人的には納得してないみたいなんだけど、十分かっこいいし私は好きだけどな。

2部1回目
私「今日ずっと晴れとったね」
本田「ん?(聞こえなかったらしい)」
私「今日ずっと晴れとったよね」
本田「そうね、(なんか言っていたけど聞き取れず)」
私「よくぞ耐えてくれました」
本田「んふふ、耐えたね」
私「でも、まあ暑かったね」
本田「そう、みんな日向だからね!俺らは日陰だからいいけど」
私「そうやね~」
本田「熱中症には気を付けて!ポカリ飲んで!」
私「は~い」

最近、雨男の本ちゃんは雨が降ると責められるのに、晴れても誰も褒めてくれないと何度か愚痴っていたので、ここぞとばかりに褒めに行きました。汗の滴るどえらい良い男には「えらいね~」みたいな幼子を褒めるような真似はできなかったけど、とりあえずお手手をぽんぽんとしてきました。コラムやラジオの話まで出せたら良かったんだけど、焦って上手く言えず。精進します。

2部 2回目
私「いつもしゃべるのに一生懸命で握手した感覚忘れるけん、今日はギュッてしてほしい」
本田「おぉ…忘れる?」
私「うん、忘れちゃう」
本田「あれやな、いつも俺が早めに手を離しちゃうから」
私「あ、でも、本ちゃんの手、大きくて好き」
本田「これ大きい?」
私「大きいよ」
本田「ふふ、ありがとね」
私「うん、またね」

特典会で必ず本ちゃんの好きなところを言う目標、今回は無事に達成です。本ちゃんの男らしい手が好きなので、今回は手を選んでみました。そして、私も本ちゃんに負けず劣らず言葉数が多い人間なので、しゃべることに夢中になっちゃって、特典会が終わった後に「あれ?握手したっけ?」ってなることが多いんです。なので、ちょっとだけ甘えちゃいました。両手でしっかりギューッとしてくれたので、しばらく感触が残ってドキドキしちゃったよね。やっぱり本ちゃんの手は大きくて優しかったです。

しばらく本ちゃんに会える予定がないので寂しくなりますが、こうして九州に来てくれたのは、本当に嬉しかったです。福岡市内ではリリイベが行われていないので、ロケついでに1回くらいあったらいいのにな、と微かに期待をしていますが、まだ分からないですからね。とにかく充実したイベントだったので、この思い出を今後の活力にしていきたいと思います。

6/10 祭nine.トークライブ&番組公開収録 in タワーレコード福岡パルコ店

祭が来た。

タワーレコード福岡パルコ店で行われた祭nine.のトークライブ&『ボイメン☆FUKUOKA』番組公開収録に行ってまいりました。

祭nine.のリリイベが東海エリアと関東エリアばかりなので、福岡来てくれないのかな~ってずっと思っていたのですが、あまりに来ないので『祭が来ない』っていうブログを書きかけていたくらい待ちわびておりました。とうとう祭nine.も九州初上陸でございます!

一応祭nine.のことをこのブログで書くのは初めてなので、少しだけご紹介。東海地方を中心に活動しているBOYS AND MENの弟分、BOYS AND MEN研究生の中から選抜されたメンバーで構成された新ユニットです。ボイメンイズムを継承した熱く、そしてフレッシュな魅力満載の男の子たちなのです。

今回のイベントの参加メンバーは、寺坂頼我くん、野々田奏くん、浦上拓也くん、横山統威くん、神田陸人くん、高崎寿希也くん。残念ながら清水天規くんが欠席でしたが、次は7人揃ってきてほしいな。そして、私は祭nine.ではりっくんこと神田陸人くんを応援しているのですが、今回が初のご対面でございました。

イベントはまずトークライブから。グループの紹介と福岡で実現したい野望を一人ずつ発表するという内容でした。記憶喪失が甚だしいヲタクなので、詳しいことはよく覚えてないですが、書けるところまで。

うらぽんは北九州の遊園地『スペースワールド』にある、音楽の聴けるジェットコースター『タイタン』で祭nine.の曲を流してもらいたい、という野望。スペースワールドは残念ながら今年末でグランドフィナーレなんですよね、という頼我くんの追加情報も交えつつ。だったんですが、私の知ってるタイタンってかなり高低差あるのに何故か安全バーが腰にしかなくて、すっごいガタガタ揺れるやつなんですけど、それで合ってます?今音楽流れるの?あと、肩のツボを押すジェットコースターがあるらしい。福岡県民だけど知らない。りっくんが「最近肩が凝るから乗ってみたい」って言ってて「もうおじさんじゃん!」と総ツッコミ。そこでイベントとかもやってみたいねって話もしていました。そういえば、タイタンの下りで、寺坂「え?たーたん?」浦上「それ匠くんが言うやつやん」野々田?「今ここにいない人の名前出しても分かんない人いるから!」ってなってたの何。匠くんというワードだけで沸いた。あ、たくみんも推してます。

といたんは『博多祇園山笠』に参加してみたい、という野望。祭nine.の山笠を作ってもらって7人で舁きたい!って言ってたんだけど、あれすごい人数でやってるよね?7人だとつぶれちゃうんじゃない?って言ってるのが可愛かったです。でも、そろそろ山笠シーズンだし、参加はせずともぜひロケとかで実際に見てもらいたいな~。

奏くんは福岡の美味しいものをいっぱい食べたい、という野望。まず昨日食べたうどんが美味しかった話で「コシがあって」と言い出したので、福岡の女たちが「コシなくない?」ってざわついてたの笑った。博多うどんはコシがなくて柔らかいんです。博多の焼き鳥はとり皮が有名だと聞いたからそれを10本くらい一気に贅沢食いしたいと言ったり、食欲旺盛でとても可愛かったです。ちなみに私がオススメしたい博多の焼き鳥は豚バラだよ。焼き鳥だけど豚。これも博多の鉄板。

りっくんは自分の唇が分厚いのでぜひ明太子の公式キャラクターにしてほしい、という野望。みんなグループの野望なのになんで自分ひとりの野望なの!って非難されながらも唇アピールするりっくんかわいい。でも中間淳太さんの唇を見慣れている私はあんまりりっくんの唇が分厚いとは思わないんだ…ごめんよ…。でもかわいいから許す。明太子のお仕事来たらいいね。

あと、じゅっきーと頼我くんがどっちがどっちだったか、というか、内容自体もかなり記憶があやしいのですが。確かじゅっきーは福岡でコラボカフェがやりたいって言ってたはず。これは私も本ちゃんに言ったことあるくらい熱望しているので、それをメンバーの方から提案してくれるのは嬉しかったなあ。福岡のグルメとのコラボメニューも考えたいって言ってくれたのも福岡県民としては嬉しい限りです。関係者の皆様、ここに需要があります。ぜひご検討ください。

で、頼我くんは博多ラーメンを食べたいだったかな。いろいろ調べて秀ちゃんラーメンが有名だって出てきたから食べてみたいって。ちょっと記憶が曖昧でこのくらいしか覚えてないです。ごめんなさい。記憶力の限界。覚えているよっていう心優しい方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

トークライブの最後には『Chance
for Change』を歌ってくれました。まさかの祭nine.の曲じゃない。でもインストアだし歌わないかもしれないと思っていたので嬉しかったです。最後に告知で、来月も九州来るよってことと、番組よろしくねってことを話して一旦退場。

しばらくして「皆さ~ん!盛り上がってますか~?」と声が聞こえたと思うと、なんとゆーちゃむが登場!突然のサプライズに会場騒然。黒髪豊さんとても素敵。ということで、番組公開収録のMCはゆーちゃむでした。

今回は『教えてナイン!』と題して、一人ひとりゆーちゃむからの質問に一問一答方式で答えていくというもの。面白すぎてツッコミどころ満載だったんだけど、オンエアがまだなので詳しく書きません。本当に良い企画だったからたくさんの人に見てもらいたいし、知ってもらいたいんだけど、福岡の番組なんだよな。見たい人は言ってくれたらダビングしますから私までお気軽にお問い合わせください。

とにかくゆーちゃむの神MCっぷりがすご過ぎました。いつも以上にキレッキレで毒は吐くわ畳み掛けるようにツッコミ続けるわ最高でした。私の脳裏には思わず鬼のMC本田剛文が浮かんでいた…。そのレベルでバシバシと仕切っておられましたよ。そんなゆーちゃむに食らいついては「お前ら下がれ!」と注意され続ける祭ちゃん可愛いかよ。前に出過ぎると画角の問題でカメラに全員映らないっていうことだったんです。仕上がりはどうなっているか、オンエアが楽しみです。

最後に特典会のお話。会場が狭かったので、3人ずつの特典会でした。最初に頼我くん奏くんうらぽん、交代でりっくんといたん、最後にじゅきちゃん、といった感じでした。私は時間の都合上、りっくんと撮ったらすぐ会場を離れたのでじゅきちゃんが出てくるところは見れてないのですが、その時までまだ頼我くんの列が続いておりました。今回のメンバー、私は頼我くん以外特典会に参加したことのないメンバーで。とはいえ、前回頼我くんのところに行った時に「いつか福岡に来てね」と言っていたので、来てくれてありがとうって伝えたいな、と思いまして。推しのりっくんと頼我くんは行くことを決めていたのですが、せっかくだからもう一人くらい行きたいな~と思いまして。ということで、お得意のTwitterアンケート。今回も皆さんの意見を伺いましたら、すごいね、祭ちゃんのヲタクは検索にたまたま引っかかったであろう、こんな訳の分からないアンケートにも律儀に答えてくださる。なんと43票も集まりました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。その結果がこちら。どどん。

ということで、うらぽんと奏くんのところへ行くことに。………え?

奏くんは個別に爆推しされたので特別枠です。とはいえ、うらぽんとほぼ同票ですからね。そんな訳で、今回は4人のところへ行ってまいりました。以下、特典会レポなので、興味のある方だけどうぞ。

浦上拓也
私「はじめまして!」
浦上「わー!はじめましてですか!?福岡の方?」
私「そう!福岡!」
浦上「ありがとうございます!なかなか来れへんから…」
私「そう、やけん祭nine.が来るって聞いて嬉しかったっちゃん!」
浦上「めっちゃ方言いいですね!」
私「ほんと?でも私うらぽんの京都弁も好き!」
浦上「え?俺そんな出てへんと思うけど…」
私「え~?めっちゃ出とうよ!」
浦上「えへへ、また来月も福岡に来るのでぜひ!」
私「うん!またね!」
浦上「お仕事頑張ってください!」
私「ありがとう!」
浦上「名古屋にもぜひ!」

まず両手広げてお出迎えしてくれるのヤバい。女子ドルじゃん。博多弁褒めてくれて嬉しかったし、お仕事頑張ってくださいって言ってくれたのも嬉しかったです。私、社会人に見えてて良かった。あ、そこじゃない?とにかく初っ端から満足度高すぎてアンケート1位の理由が分かったし、うらぽんのことは元々好きだけど、もっと応援してあげたいなって思いました。今まで全くそんな感情抱いてなかったけど、弟にしたいって思いました。

野々田奏
私「はじめまして!」
野々田「はじめまして~!ありがとうございますっ!」
私「友達に奏くんのところ来たら元気出るよって言われたけん来た!」
野々田「ほんとっすか!?うるさくてすみません!」
私「いやいや、良かったよ~!」
野々田「元気出ました?」
私「出た出た!」
野々田「良かった~!また九州にも来るんで!」
私「うん、待っとうけん!」

奏くんは奏くんでした。もうイメージのまんま。全力可愛いでした。ニコニコ笑顔が素敵で、本当に元気になれるな~と思いましたよ。良い意味で男子高校生感があって、素直な反応をしてくれたので、そんなところもまた愛おしいですね。オススメいただけて良かったです。

寺坂頼我
寺坂「ありがとうございます!」
私「あのね、ドドンコの時に頼我くんに「いつか福岡に来てね」って話をしたんやけど…」
寺坂「あっ…!そうでしたね!やっと来れました~!」
私「ね!7ヶ月待った!」
寺坂「わー!お待たせしました~!またね、ライブとかやりたいですね…!」
私「ほんと!ぜひやってほしい!」
寺坂「その時はよろしくお願いしますね?」
私「うん、また来月も来てくれるけん楽しみにしとる!」
寺坂「はい!楽しみにしててください!」

お久しぶりの頼我くん、やっぱり天使でした。いつか福岡に来てねって言った話、もしかして覚えててくれた?なんて勘違いしそうになるくらい、良い反応してくれて本当に嬉しかったです。信じて待って良かった。撮る前もスタッフさんにバストアップになりますけどって言われた時も「大丈夫ですか?」って確認してくれたのも良い子だなって思ったし、次はライブをやりたいって言ってくれたのも嬉しかったです。絶対実現しようね。

神田陸人
神田「一番可愛い顔してくださいね?僕とどっちが可愛いか勝負ですよ?」
撮る
私「はじめまして!」
神田「はじめまして!ありがとうございます!」
私「ずっとりっくんのこと好きやったんやけど、なかなか会いに行けんかったけん、今日は会えて嬉しかった!」
神田「やっと来ることができました~!」
私「福岡は初めて?」
神田「初めてなんですよ~!」
私「そっか~、来てくれてありがとう!」
神田「またこれからもたくさん来ますからね!」
私「待っとうけん!また来月も!」
神田「もし今日僕のほうが可愛かったらまた勝負しに来てくださいね?」
私「うん!またね!」

もう最初から推せた。どっちが可愛いか勝負とか、もう、そんなん推せる。もちろんりっくんの可愛さがダントツ優勝してましたけどね。これ、みんなに言ってるんです?こんなこと言われたの初めてで、ますますりっくんのことが好きになりました。そして、会えたのが嬉しすぎてついバーっとしゃべっちゃったんだけど、うんうんって聞いてくれるりっくん。そして、最後にまた勝負しに来てくださいねって、もう、そんなん推せる。絶対また行くし、絶対ずっとりっくんが優勝だよ。

以上、特典会レポでした。みんな爽やかで可愛いね。10代の男の子たちにこんなに翻弄されて、お姉さんとても幸せです。今回行けなかったといたんとじゅっきーのところにも行ってみたいな。

来月また福岡に来てくれるそうですが、日程が平日な上に仕事終わりに滑り込めるかちょっと微妙な会場の立地。でも、行けたら行きたいですね。本当に大満足なイベントになりました。祭ちゃんのこともしっかり応援していきたいと思いました。あと、また近いうちに研究生のイベントにも行きたい、とますます欲張りになってきました。機会があればいいな。

祭nine.が福岡に来てくれて、本当に嬉しかったです。ありがとう。

25歳ヲタク女が美意識に目覚めた話。

今まで美意識が低かったかと言えば、そういう訳でもないのですが、ここ数年、以前よりも気にするようになりました。25歳になって突然目覚めたということでもなく、だけど25歳になったから改めて考えるようになったというお話です。

小さい頃から可愛いものとか、キラキラしたものとか、女の子らしいものは結構好きだったはずなのですが、小中学生の頃は周りの環境がそういうのを許してくれない雰囲気だったので、我慢しているうちに忘れてしまっていたような気がします。と書くと、何だか大袈裟な話に聞こえますが、それほどでもないです。きっとどこにでもある話で、本当に可愛い子しか可愛くしてはいけないような、何となくそんな雰囲気を感じていただけなんですけど。出来るだけ地味にしていようと思っていました。小学生の頃からモーニング娘。が好きで、当時からヲタクの片鱗が見えていたので、本当は彼女たちみたいに可愛くなりたいな~という憧れはあったけど、結局地味でなんかダサいくらいで落ち着いていましたね。スカートを履くのは制服だけで、常にグレーのパーカーとGパン、みたいな。デニムとかそんなオシャレなもんじゃないです、GパンですGパン。

少しずつ意識が変わり出したのが高校生の頃からで、分かりやすいですが、メガネからコンタクトにしたことで、ほんの少しだけスカート履いてもいいかな、とか、明るい色のブラウス着てもいいかな、とか。Perfumeとの出会いも大きいかな。モーニング娘。は手が届かない天の上の女神様達だったけど、Perfumeはもう少し近い、と言ったら怒られるかもしれないけど。特に私が好きになった頃のモーニング娘。はギャル全盛期だったから、化粧も衣装も派手で、憧れはあったけど、真似できるものではないなって気持ちがあって。だけど、Perfumeはどちらかと言えば清楚。衣装もフレアスカートにパンプスとかだし。憧れだけど真似できるかなって思わせる可愛さだったんですよね。今はどうなのか分からないけど、当時「ピアス開けたいって言ったら、スタイリストさんから付けたいピアスがあるならイヤリングに作り変えてあげるからって止められる」みたいな話とか、「本当は染めたいけど黒髪で統一してる」みたいな話とか、そういうところも良いなって。私が未だに一度も染めたことがないのも、ピアスを開けてないのも、Perfumeの影響だったりするんです。あと、あ~ちゃんが「女の子は手と唇はプルプルにせにゃいかんよ~(広島弁があやふや)」って言っていたのも今でも律儀に守ろうとしています。たまに唇ガッサガサだけど。

大学生になれば、ほとんど毎日スカートにパンプスの生活でした。女子大だったので周りもみんな個性豊かだし、どんな格好してても許される感があって。とはいえ、長年オシャレに疎い生活をしていたし、化粧もほとんどしたことがなかったので、最初は大変でしたけど。しかも、本当に周りに女の子しかいないから、というのも別に理由にならないかもしれないけど、かなり楽していた気がします。ある程度見れる格好していたらいいかな、みたいな。中学生の私に比べたら全然意識が変わったし、自分で洋服を選ぶようにもなったけど、わりと固定観念があった気がする。着てみたい服があっても自分には似合わないって初めから諦めたり。まあ、お金もあんまりないから冒険は控えめにって感じでした。

だけど、社会人になると途端に焦り出したんです。私はこのままでいいのか、と。化粧も下手、着回しも下手、そんな大人でいいのか、と思いまして。働き出したら趣味だけでなく美容やファッションにも少しずつお金を使える余裕も出てきたし、いろいろ試してみるのもいいかなって思うようになりました。そしたら意外と今まで似合わないと思っていた服が案外イケることが発覚したり、今まで面倒だと思っていたメイクも楽しくなってきたり、美意識を高めるって思っていたより良いものだな、と思い始めました。そして今に至る訳です。

あとは、高校生の頃から携帯電話を持つようになって、ジャニーズのコンサートにも行く回数が増えたのもかなり大きなきっかけだと思います。地元の友達ばかりだったのが、コンサート会場でホムペで知り合った人に会ったりすると、少しは身なりに気を使いたいなって思うようにはなりましたよね。別に見栄を張る訳ではないけど、当時は「伊野尾担は美人が多い」みたいな謎の都市伝説もあったし、自分の印象が担当の印象に多少なりとも影響されたりするのも嫌だし、というか、周りに可愛くしてる女の子がたくさんいると、自然と感化されるものです。ジャニヲタたるもの、コンサートはデートだと思え、ですよ。だけど、やっぱりそこまで気合い入れて可愛くしたいとか、そこまではいかなくて。思ってはいるけど、どうしたらいいか分からないし、お金もそんなにかけられないし。と言い訳してきたところがあったんですよね。

結局、本格的に美意識に目覚めたのは、ボイメンのヲタクになってからということになるのですが。そりゃね、推しと接触するとなるとね。しかも、特に推しが女装をする機会が多くて、女の子のメイクをジッと見ちゃうみたいなこと言うものだから、しっかりしなきゃとは思います。でも、それだけじゃなくて、そういう場だからこそ、周りの女の子達が想像以上にしっかり美意識を持っていることに気が付いたんですよね。いや、気付くの遅過ぎかよって感じですけど。私が気付いたからなのか、それとも時代の流れなのか分からないけど、その頃からTwitterやブログ、インスタ等インターネット上で美容やファッションの話、特にコスメの話を目にする機会も増えた気がしていて、それがさらに私の美意識の高まりを加速させたようにも思います。1年前まで全然コスメブランドの名前とか知らなかったのに、いつの間にか分かるようになったし、そのおかげでコスメ売場歩くのも楽しくなったし。持っている化粧品も増えました。まだデパコス買う勇気はなかなか出ないけど。

美意識を高めていく楽しみを覚え始めたけど、その反面ますます焦っています。もう少しどうにかしたい。いきなり変わるのは無理だけど、少しずつ変わってはいるけれど、不安になるよね。もっと自分のセンスに自信を持ちたい。終わりのない追求が続きます。

本当はもっとコスメの話とか書こうと思っていたのに、無駄話が長くなったので今回はやめておきます。コスメだけじゃなくて、いろいろ考えたいし書きたいんだけど。肝心の「いろいろ」がふわっとしていて定まってない。とりあえずまた近いうちにもっと日常的なところに寄せて、例えば今使っているコスメの話とか、そういう話も書けたらいいなと思っています。特別なことは何もしていないんだけど、だから書きたい。書くことで客観的になれるところもあると思うし、単純にそういう話をするのは楽しいし。結局、美意識は自己満足だと思っているので。せっかくなら毎日の生活に楽しいことが多い方がいいなって、好きな服着て、綺麗に化粧できて、それだけで気持ちが明るくなるならそうした方がいいなって、ただそれだけの話なんですけどね。

5/4 BOYS AND MEN in 博多どんたく港まつり

今年も博多どんたくにBOYS AND MENがやってきた!

まさかライブの次の日、朝から新幹線で福岡に帰ることになるとは思っていませんでした。名古屋から福岡まで3時間半かかるので、7時台の新幹線に乗りました。正直しんどかったけど、新幹線の中でたっぷり寝たので、福岡に着いたら案外元気でした。下手したら新幹線でボイメンと遭遇する可能性もあると思っていたけど、そんなこともなく無事に福岡へ到着。かなり余裕を持って名古屋駅に行ったんですけど、お土産買ったりおにぎり食べたりしていたら、すっかりホームのきしめんを食べるのを忘れておりました。次に新幹線を使うときは必ずや食べてみせます。

去年はYanKee5のメンバーでしたが、今年はツアーの三重メンバー以外の5人でした。ということで、参加メンバーは辻本達規くん、小林豊くん、勇翔くん、平松賢人くん、土田拓海くんです。九州ファイブことツアーでの九州メンバーとほぼ変わらず、唯一たむちゃんアウトゆーちゃむインという布陣。うっかり「九州ファイブもどんたくファイブもザコとポンコツしかいない」って言ってしまったのですが、私はそれが逆に良かったと思いました。本当に褒めているんですよ。仕切るメンバーがいないからこそ、お互いに助け合う雰囲気になっていて、福岡でのツアーの時にも書きましたが、ボイメンのチームワークの強さをより実感しました。

ボイメンの出番の1時間前にはSOLIDEMOが出演していたのですが、SOLIDEMOのヲタクとボイメンのヲタクが静かなる席取り合戦を繰り広げておりました。私はSOLIDEMOのヲタクが席を立ったらそこに滑り込みたいって思っていたのですが、運良く早い段階で2列目をゲット。両方のパフォーマンスを良い位置で見ることができました。

SOLIDEMOのパフォーマンスを見るのは去年のハウステンボスぶりでしたが、相変わらず背が高くてスタイリッシュで歌が上手くて見応えのあるステージでした。しかも、しゃべると愉快なお兄さん達だし最高ですよね。あと、神山担的にはドラマ『大貧乏』の主題歌を歌ってくれたのが嬉しかったです。しかも、自分達の出番が終わった後、私服でボイメンのステージを見に来てくれていたんです。舞台裏でもわちゃわちゃしていた様子がTwitterでも見れて、こういう交流は嬉しいなって思います。ボイメンがSOLIDEMOのことを好きだから、私もSOLIDEMOのこと好きだぞ。

さて、ボイメンのステージ。RKB主催のステージということで、全面的に協力していただけている感じがビシビシと伝わってきました。サイドにあるモニターにはずっと広告が流れているのですが、ボイメンの自己紹介の時にはそれぞれのメンバーの写真と名前が出てきて感動しました。会場にも歓声が上がっておりました。歌の最中もずっと番組とオーディションの広告が出ててそれも嬉しかったです。

セットリストは『NO LIMIT』『YAMATO☆Dancing(ショートver.)』『なごやめしのうた』『ヤングマン~B.M.C.A.~』でした。

やっぱりYAMATOで始まるライブは最高ですね。文句なしにかっこいいし、パフォーマンスが派手だから、知らない人でもグッと惹きつけられるんじゃないかなって思います。そして、注目すべきは誰が人力フライングで飛ぶのかというところ。体重が軽い人が飛ぶかと思いきや、「弱音吐く日もあるさ」のところでゆうぴんがソロで前に出てきて、その後通常通りつじちゃんとつっちーが拳を構えたので、客席が「あれ?もしかして…」とザワザワしていたら、案の定ゆうぴんが賢ちゃんとゆーちゃむに支えられて飛びました。と、飛んでた…と思う…。客席の動揺が伝わったのか、ボイメンのみんなも苦笑してて面白かったです。個人的にゆーちゃむが支える側になる時、「うんしょ!うんしょ!」って聞こえそうな動きしてるのが好きです。

自己紹介では、今回もつじちゃんが「ボイメンの熱男!」って言ってくれて嬉しかったです。あれ、熱男の下りツアーの時書いてないな?ホークスで2年くらい使ってたスローガンです。今は松田選手が使ってるんですけど、つじちゃんがツアーの時に言ってくれたんです。さすが野球男児。多分今後も福岡ではボイメンの熱男って言い続けてくれるんだと勝手に期待しております。

そして、福岡には美味しい食べ物がたくさんあるよねって話から、名古屋にも美味しい食べ物がたくさんあるんです、という流れでなごやめしを歌いました。まさかの客席降りもありつつ、元気いっぱいのパフォーマンスで楽しかったです。

『ボイメン☆FUKUOKA』の番宣とエリア別研究生オーディションのお知らせもありました。相変わらず「僕らは何にもありません!だから何にもなくていいんです!夢さえあれば大丈夫!13歳から20歳くらいまでの男の子!」みたいな感じで募集しているのが面白い。あ、本当はもっとしっかりしゃべってましたよ。

最後のヤングマンでも客席に降りてきたりしていたんですが、目の前でつじちゃんがカメラアピールしていたのがめちゃくちゃ可愛かったです。おそらくこれも番組で放送されるんだろうな、という感じです。

短い時間ではありましたが、やっぱり楽しかったです。1年前も私は同じステージでヤン5を見ました。あの頃は好きになったばかりで、初めてボイメンを生で見るという状況で、それでもとても楽しかった思い出なのですが、あの頃よりもさらにボイメンのことを知っているからこそ、もっともっと楽しめたし、またさらに好きな気持ちが大きくなった気がします。1年間ひたすらにボイメンについて来て良かったな、と思いました。

ステージの後は番組のロケをしていたので、絶妙な距離感を保ちながらその様子を見てました。どんたくって街中にたくさんステージが組まれるので、あらゆるところで出演者が待機している状態なのですが、カメラが回っていない時に、ゆーちゃむが傍らで皿回しの練習をしている女の子に「すごいね~!」って話しかけているのを見てほっこりしました。そういえば、私の近くで小さいお子さんがいるお母さんふたりが「戦隊ヒーローの人たち?」「いや、ヒーローはひとりだけ」って話しているのが聞こえたので、心の中で「ヒーローはふたりいますよ~」と思っておりました。メンバーのブログを読む限り、その後に太宰府天満宮にロケに行ったみたいですね。

ということで、今年もどんたくにボイメンが来てくれて本当に嬉しかったです。番組も始まったこともあり、ますます福岡でもボイメンが活躍する姿を見ることが増えるんだろうなっていう期待も膨らみました。福岡でも広がれボイメンの輪!