私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

迷いも捨てて

昨日は田村侑久くんの28歳のお誕生日でした。おめでとうございました。

私は田村くんのことを「たむちゃん」って呼んでいます。最初は公式ニックネームの「たむたむ」で呼んでたのですが、推しが「たむちゃん」って呼ぶので、私も「たむちゃん」って呼ぶようになりました。

たむちゃんはすごい人だなって思います。なんか、常人では成し得ないことをいっぱい実現しているじゃないですか。だけど、そんなたむちゃんのどんなところが私は好きかなって考えたら、「普通」の感覚を持っているところだなって思います。たむちゃんはボイメンに入る前はサラリーマンをしていた経験があります。そのおかげで、普通の社会人としての感覚をしっかり持っているんです。普段は、どちらかといえば、一般常識に疎い印象を受けることがあるけれど、それはそれで愛すべき個性だと思っているのですが、たむちゃんから社会人としての意見が出てくることが時々あって、その瞬間にドキッとしてしまうのです。ああ、この人、きちんとサラリーマンやってたんだなあって。そして、そんなたむちゃんが今やボイメンで一番の人気者であることや、ステージに立ち続けてくれることが眩しくて仕方なくなるんです。

たむちゃんとは一度だけ2ショットを撮ったことがあります。その時に感じたのは、圧倒的な距離感の近さと優しさ。とても大げさに表現すると、たむちゃんは全てのファンをお姫様扱いしてくれる人なんだと思うんです。それは老若男女問わず、誰に対しても、です。そんな印象を受けました。だって、たむちゃんの方が遠路はるばる福岡まで来てくれているのに、夜のライブが終わった後、「気を付けて帰ってね」って言ってくれるんですよ?それこっちの台詞だよ!って思いつつ、女の子扱いをしてくれて嬉しいなって思ったりもしました。あと、思ったよりも「うんうん」って話を聞いてくれる。たむちゃんって勢いのある人だから、向こうからグイグイ来るのかなって思ってたんだけど、私がしゃべりたいのを察してくれたのか、しっかり話を聞いてくれて、そういう咄嗟の判断ができるのも相手の様子を見ているからなんだと思いました。

今年は『キスできる餃子』が公開されたり、俳優のお仕事も印象的だったたむちゃんですが、今後私が見てみたいな〜って個人的に思っているのは、朗読劇です。『キスのカタチ』でたむちゃんが朗読サークルの学生を演じていた時、作中で朗読している声にとても心惹かれたのを覚えています。たむちゃんは多分朗読が上手いと思う。素人の考えだけど。だから、もし機会があれば挑戦してみてもらいたいなって思います。

私が本田推しになるだろうな〜って自覚した頃、本ちゃんとたむちゃんの関係性がかわいいなって思っていたのが印象深いので、実はたむちゃんのおかげで今の私があるのかなって思っています。これからも笑顔で元気なたむちゃんでいてください。

1日遅れちゃったけど、改めておめでとうございました。たむちゃんの未来が明るいものでありますように。

f:id:omguyz:20181018234549j:plain

ボイメンのナゴヤドーム単独ライブまであと88日。

トピック「ボイメン」について

未開の未来へ

今日もボイメン展へ。

何度も見ている映像にまた見入ってしまいました。もちろん私が知らない時代のボイメンもそこには映っていて、そのうち知ってるボイメンも現れて、何だか笑顔になれちゃう映像です。 

昨日は週末の遠征に向けて荷造りをしていたため、ラジオは聴いていなかったのだけど、どうやら #ボイメンナゴヤドーム応援チャレンジ のことを本人達も知ってしまったそうで。それならますますやったるぞ!という気持ちです。 #目指せ満員 も付けろというご指示がリーダーからあったと噂に聞いたので、従順なオタクは従うことにします。

今週末がドリフェス!の武道館ライブなので、少しバタバタとしています。明日はお仕事のこともありブログ書けないかも。やったるぞ!と言いながらすぐこれだよ。でも、好きなことは全部大切にしたいから、優先順位は適切に判断します。できることはする。だけど、無理はしない。

来週くらいからはもう少し中身のあるブログも書きたいと思っています。しばらく私のアイドリングトークにお付き合いくださいませ。

f:id:omguyz:20181016220701j:plain

ボイメンのナゴヤドーム単独ライブまであと90日。

 

トピック「ボイメン」について

駆け抜けてくラッキー追っかけつかまえて

#ボイメンナゴヤドーム応援チャレンジ として、仕事帰りにナゴヤドームの外周と同じ距離を毎日歩くことにしたのですが、結局700m以上歩いています。理由は、ボイメン展があるから。去年の名古屋パルコでの展示と内容はほぼ変わってないけど、なんか、ボイメンのための空間が福岡にあるというだけで嬉しくて、つい長めに歩いて立ち寄ってしまいました。今日はパンツのUFOキャッチャーに本ちゃんのチェキが見えて思わず100円玉入れたけど、普通に取れない位置でした。冷静になれよ私。確実に取れる時にリベンジします。

ボイメン展のすごいところは映像以外撮影可ってところですよね。仕事帰りだからあまり時間がなくてじっくり撮れないんだけど、これから毎日少しずつ写真を撮っていこうと企んでおります。

それにしても、ボイメンファンのブログがどんどん増えていく。ついこの間までボイメン界隈のはてなブロガーさんって限られていたので不思議です。別に勝ち負けじゃないのですが、それなりにブログ歴が長くなってきた私にとって良い刺激になっているのは確かで、毎日の更新も楽しくなっています。私のブログを読んでいる人がいるのかってことはこの際気にしない。ただお祭り気分を味わいたいだけです。

引き続き新たなブログを見つけては読者登録して、スターを飛ばしてってことをしているのですが、全然追いついてないです。「私のブログも読んでほしい!」って方がいらっしゃったら、「」内に引用スター飛ばしてもらえば優先して読みに行きます。あと、ブログを読ませていただく中でもっとボイメンファンの方のTwitterをフォローしたいなって思うこともあるんですが、小心者だからなかなか勇気が出ないんですよ。誰か私の背中を押してくれ。

ブログネタも募集しているのですが、全く来ておりません。どうぞお気軽にマシュマロを投げ込んでくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

marshmallow-qa.com

ボイメンのナゴヤドーム単独ライブまであと91日。

f:id:omguyz:20181015190243j:plain

 

トピック「ボイメン」について

カッコつけない格好良さ

ボイメンファンの方々がたくさんはてなブログを始められて、全部は読めていませんが、少しずつ読ませていただいております。皆さんのボイメンに対する愛を感じて、それぞれのナゴヤドームに向けての想いを感じて、素敵だなって思うし、勉強になることもあるし、たくさん刺激をもらっています。 

その中で、じゃあ私はどうかなってふとボイメンファンである自分の応援スタイルについて改めて考えたのですが、もっと謙虚でありたいなって思ったんです。

謙虚って難しいんですよ。ただ自分を卑下することじゃないんです。自信があることは堂々としていていいし、負けたくないことは譲らなくていいんですよ。でも、相手を尊敬して、相手の在り方を尊重する。その上で、自分の芯はしっかりと持ってなきゃいけないんです。私はボイメンのファンであるからには、そういう人間でありたいって思うのですが、それは何故かと言うと、ボイメンがそういう人達だからなんです。

ボイメンのメンバーはよく「自分達はイケメンじゃないし、歌もダンスも上手くない、だけどいつも全力なところは誰にも負けない」というようなことを言います。とても謙虚なんです。実際、ボイメンはめちゃくちゃカッコいいです。歌やダンスが得意なメンバーもいるし、年々全体的にスキルが上がってきているのを感じます。だけど、彼らが売りにしているのは、カッコよさでもパフォーマンススキルでもなく、ガムシャラに全力で本人達が楽しむ姿なんです。私はそういうボイメンを好きになったんです。その一方で、私は彼らにはいつまでもそうであってほしいと思っています。それはファンからの一方的な願望の押し付けのようでもあると思います。「謙虚でありたい、彼らがそうだから」と言いつつ、彼らが謙虚であることを勝手に押し付けているんです。こういうことを考え始めると、本当にキリがない。

でも、何だか身が引き締まるような、そんな気持ちがしたのです。思い上がってはいけないぞって思ったんです。だから、ボイメンを大好きだという想いは譲れないけど、もっと謙虚にボイメンを応援していきたい。その気持ちだけは忘れずにいたい。

ボイメンのナゴヤドーム単独ライブまであと92日。

トピック「ボイメン」について

10/13 BOYS AND MEN研究生福岡『ボイメン展』商品お渡し会

福岡市民会館で行われた『モーニング娘。'18コンサートツアー秋〜GET SET, GO!〜』に行ってまいりました。タイトルと話が違うことは気にしないでください。モーニング娘。は春と秋にツアーを行うのですが、今まで春しか行ったことがなかったんですよ。今年も春に行ったので、秋はどうしようかな〜と思っていたのですが、諸事情により夏ハロコンのチケットを手放すことになったり、飯窪春菜ちゃんが卒業することが発表になったりして、どうしてもまた行きたくなってしまったのです。正直ギリギリまで行けるか微妙だったのですが、やっぱり行く!と思って土曜日昼公演のチケットを取った時にはもう最後列の席しか空いていませんでした。他の公演だったらまだ余裕あったかもしれないけど、一番ベストな時間帯がそこだったので仕方なく購入。よく考えたら、娘。コンで最後列しか入ったことないんだけど、後ろの方からペンライトの動き込みで見るのも楽しいものです。

そういえば、娘。ファンって男女比がほぼ半々くらいなんですよ。女性アイドル界隈では珍しいんじゃないかな。むしろちょっと女の子の方が多いんじゃねえか!?と思うくらい、女の子ファンがいるので、安心するんですよね。実際今まで女の子としか席が隣になったことないし。私にとって昔から「モーニング娘。」って存在そのものが憧れで、それはメンバーの世代が変わっていっても同じことなんですけど、そう思っている女の子、結構いるんじゃないかな。そうだといいな。

正直、娘。にかける時間やお金は他に比べてそんなに多くないと思います。コンサートに行ってグッズを買うくらい。だからコンサートに行っても知らない曲があるのも普通だし、知り合いもいないからひとりで行ってひとりで帰る。でも、コンサートに行くと、毎回とても楽しい気持ちになれて、行って良かったな、また行きたいなって思うわけです。それだけ彼女達のパフォーマンスは見応えがあるし、心惹かれるものがあります。

そういう点で言うと、ボイメンも知らない曲があっても楽しいし、彼らのパフォーマンスは人の心を惹きつける魅力があると思います。だから、ボイメンのことをよく知らない人でも一度ライブを見たら好きになってもらえる自信があるし、「そんな熱心なファンじゃないから…」とナゴヤドームに行くのを迷っている人もぜひ来てもらいたいです。別に合いの手や振付が完璧じゃなくてもいいんですよ、ただペンライトを振って、声援を送ってくれれば、それでいいんです。

と、だいぶ無理やり話を変えましたが、ここからが本題です。

本日より福岡パルコでボイメン展が始まりました。この展示会は全国5ヶ所で開催される予定で、今回嬉しいことに福岡でも開催されることになったのです。その初日の今日と明日、BOYS AND MEN研究生福岡によるグッズお渡し会があるということで、早速行ってまいりました。エリア研究生について、特にBMK福岡に関しては書くと長くなるから割愛するけど、これだけは覚えていてほしい。BMK福岡の福岡でのイベントは半年ぶりなんです。いいですか、半年ぶりですよ。つまり彼らが福岡で表に立つのが半年ぶりなんですよ。

実はBMK福岡のイベントに行くのは初めてでした。オーディションを見に行ったり、ライブで少し歌ったのを見たことはあるけど、単独のイベントは初。完全に初めましてです。明確な推しも決まってないので、誰にお渡しされようかな、と思いまして。とりあえずオーディションの時点からかわいいなって思っていた武本悠佑くん(ゆっけ)のところかな〜と思っていたら、関東方面から「いおたん(小辻庵くん)はどうですか」と囁きが聞こえたので、結局ふたりのところに行きました。

まずエスカレーター上がってすぐそこにいるのは心臓に悪い。もうおる!ってびっくりしました。5人全員がズラッと一列に並んだ姿、なかなか良い感じです。バランス取れてる感じがする。ほぼ剥がしがない特典会ってのも初めてで、さすがにおしゃべり野郎の私も戸惑いました。完全にノープランで話し出したのもマズかったな。一期生のオタクが冷やかしに来たな〜と思われたかもしれない。

まずは、ゆっけのところへ。おしゃべり野郎の悪いところは先にバーっとしゃべり出しちゃったところですね。向こうの出方を見てからしゃべれば良かった。とりあえずBMK福岡のイベントは初めて来たよってことを伝えると「あ、一期生の…?」と察しが早いゆっけ。祭nine.のリリイベでゆっけからチラシもらったよってことも私から伝えたかな。ちょっと話の流れ忘れちゃったけど、「ボートレース福岡でのオーディションも来てくれてたんですか?」とか聞かれて、そうだよ〜なんて話して。あと、こうしてお話しできる機会があって嬉しいってことも伝えました。需要は!ここに!あります!「どうしたらイベントやってもらえるかなとか考えたこともあって…」とか余計なことも言っちゃったけど、これはマジ。「僕らももっと知ってもらえるようにがんばります!」ってしっかり言ってくれたから「福岡の町おこしお兄さんって呼ばれるようになるために私も応援するね!」って言って。「番組も始まるから見てくださいね」って言われたので、前のめりで「見る!」って返した辺りでスタッフさんから「そろそろ…」と声をかけられて。で、最後に握手しながらゆっけから「ちなみに祭nine.はどなたがお好きなんですか?」って聞かれたから「陸人くん!一期生は本田くん!」と聞かれてないことまで答えるおしゃべり野郎。ゆっけが「ピンク!」と反応してくれて良かった。いい子や。

お次はいおたん。お話がまだあまり上手くないところがめちゃくちゃかわいい。「オーディションの時、すごいちっちゃい子がいる!って思ってたけど、その頃に比べると身長大きくなったよね」「そうですね」「何cmくらい伸びたの?」「14cmくらい伸びました!」「すごい!まだこれからも伸びるかもね!」「でももう成長期終わったと思います」「そうなの?」「成長期ってじわじわと伸びたらいいけど急に伸びたから…」「でもまだ分かんないよ?」「セノビック飲みます!」「セノビック!かわいい!」って、正月と盆にしか会わない叔母さんと甥っ子みたいな会話を繰り広げてしまった。あと、「今日は何を買ったんですか?」と聞かれたので「ボイメン体操のDVD買ったよ!」と答えたら、ボイメン体操を少しだけ踊ってくれて、また「かわいい!」って言ってしまいました。本当は年頃の男の子にあんまりかわいいって直接言わない方がいいかな、と思ってたのに、つい心の声が出てしまったよね。そして、さすがにおしゃべり野郎でも会話が持たず、剥がされもしなかったので自分から離れました。一回り以上年下の男の子と愉快な会話を繰り広げられるスキルは持ち合わせてなかったです。修行します。

今回はふたりだけにしたけど、機会があれば他の3人とも話してみたいな、と思いました。もう少し話を広げられるように、彼らのブログとかも細かくチェックしなければ。見目麗しい少年たちと触れ合えて寿命が伸びた気がします。
福岡でも番組が始まることだし、また彼らと会えるイベントが少しずつ増えていったらいいな。

ボイメンのナゴヤドーム単独ライブまであと93日。

 

トピック「ボイメン」について