私と彼らのあした

気分はまるで走るジェットコースター

6/26 BOYS AND MEN 「キスのカタチ」応援でら感謝!~順位も発表するぜ!イベント in 東京~ 1部レポ

東京遠征2日目。またしてもBOYS AND MENに会ってきました。

元々『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』を観る気満々で帰りの飛行機を夕方にしていたのですが、あんステも先行で3回落選して、一般も気が付きゃ完売していて落ち込んでいるところに、不意に舞い込んできたイベントでございました。そもそもワク学に合わせて設定した東京遠征の日程にジャストミートでボイメンも東京に来るなんて、運が良いにも程がある。そして、私は結局ワク学に行けず。ワク学に関しては、しばらく引きずる。多分10年は余裕で引きずる。

それはさておき、なんとまさかのまさかで、このイベントで私は初めて10人揃ったボイメンを生で見ることができました。ライブでもリリイベでもなく、主演オムニバスドラマのイベントで初になるとは思いもよらぬ展開です。壇上に10人が並んだ姿を見ただけで不意に目頭が熱くなって焦りました。ここ泣くタイミングじゃないよ。でもちょっと泣いた。

イベントの内容としては、イベントタイトルになっている順位発表と、『キスのカタチ』というドラマタイトルに合わせたトークコーナーという構成でして、10人のわちゃわちゃを堪能できるイベントでした。司会はリーダー水野勝くん、アシスタントは誠リーダー本田剛文くん。司会のふたりは台本を持っていたのですが、この台本が蛇腹状になっていて、勝くんが登場早々広げてしまって「でら長え」って言いながら一生懸命畳んでいたのが可愛かったです。それにしても、アシスタント本田くん可愛すぎた。カトパンかな?って思ってしまったよ。ごめんちょっと話盛った。

最初の自己紹介で誠メンバーから普通に名前言ってよろしくお願いしまーすって感じで進んでいたのに、本ちゃんが突然「キス界のサラブレッド本田剛文です」って言い出したの笑った。初めて聞いたし。その流れでつーじーもなんか言ってた気がするんだけど忘れちゃった。ゆーちゃむは安定のあいらぶゆーらぶで、たむちゃんはホワイトボードに書いたのをゆーちゃむが読んであげてて、「25歳脱サラ田村侑久です!ムラムラってよんで!」で、ムラムラー!って呼ばれたたむちゃんがムラムラしてるジェスチャーしたり、何故か半開きだったチャックを俊くんに上げさせたり。そのおかげで俊くんは「チャック上げの伝道師」と名乗り出すという。相変わらずヤン5がカオス。

このイベント自体は東京と名古屋を合わせて全5回あるということで、順位発表は3~10位からランダムで2人ずつ、1位と2位を最終日に発表するそうです。まずは先日発表された中間順位のおさらいと、Twitterにて行われていた各メンバー自作チラシリツイートランキングの発表から。中間順位を10位から発表する時に、6位から突然褒め出す勝くんに7位以下のメンバーから大ブーイング(つっちー「俺この司会者ヤダ!」)。ただ4位のゆうぴんは「可もなく不可もなく」というコメントで、ゆうぴんも「俺がそういう人間だから」と開き直ってたのがゆうぴんらしい対応だなって思いました。ゆうぴんの演技とても良かったよ。あと、つーじーの2位は他のメンバーが認めていないらしく、『蚕』を「てんちゅう」と呼ばれて、最後までいじり倒されていました。リツイートランキングでは俊くんが1位ということで、50ポイント加算だそうです。詳しい順位は覚えてないけど、本ちゃんと賢ちゃんが中間順位もリツイートランキングもセットだったのですが、賢ちゃんが「ボイメンのハッピーセット」って言っていたのが天才だと思った。本田剛文平松賢人ハッピーセット。これ推すしかないでしょ。私はこれからこのふたりのことをハピセって呼ぶことにした。

次に早速一人目の順位発表。ルーレットにより発表されたのが、第8位の『本田剛文「真実と美」』。案の定メンバーから「キス界のサラブレッドが8位!?」といじられるも、「よく見ろ!順位ひとつ上がってる!」と喜ぶ本田くん可愛い。私の中では本田くんがナンバーワンだぞ。ゆーちゃむは結構これ好きって言ってた気がする。勝くん的見所は「キスシーンに向かうにつれ、緊張のあまり頬が痩けていく本田」だそうです。朝昼ご飯が食べられないまま撮影したそうな。ここで監督さんからのビデオレターがあって、かなり褒められてました。「本物の弓道部員の子たちも本田くんは弓道上手いって言ってたよ」とか「爽やか」とか。でも、なんか最初の見た目の印象は「チャラそう」だったらしいんだけど、それ本当に本田くんの印象?と思ってしまった。何にも予備知識なかったらそういう風に見えるのかしら。監督さんが「自称恋愛経験の少ない本田くん」って言った時にメンバーが「自称」「自称ね」ってザワザワしてたのがじわじわ来てる。そして、鑑賞タイム(本ちゃん「え!?ここで本編見るの!?みんなで見るもんじゃないよ!」)。ゆーちゃむからVTR振りを「可愛い感じで!」とリクエストされた本ちゃんの「みんなの心、打ち抜いちゃうぞ!」に悶えた。映像が始まると、ヤン5は捌けて、誠のみステージ上に椅子が用意されて見ていました。下手左から賢ちゃん・つっちー、上手左からゆうぴん・雅斗くん・本ちゃん。ずっと賢ちゃんがひゃーひゃーガヤを入れてて可愛かったです(賢ちゃん「本田くん身長低くない!?」本ちゃん「それは俺も若干思っとったわ!」)。私の席からは本ちゃんの後頭部ばかり見えてたんだけど、ずっと照れてたと思う。キスシーンの時は頭抱えたり腕でダメダメってしてたような気がする。賢ちゃんは大興奮でステージ上を跳ねてた。そして、キスしたところを指差してた。

鑑賞タイムが終了するとヤン5も戻ってきて、「本人の前では褒めたりできんからさ」と本ちゃんはヘッドホンをつけられまして。ちなみに流れてたのはU2だそうです。まあ、褒めたりできんと言いつつ、結局いじりタイムになるのがボイメンですよね。本ちゃんも「声聞こえてないけどジェスチャーでだいたい言ってること分かるから!」って言ってました。

次は『女心を一番理解しているのは誰か?』みたいなコーナーで、ネット上にある様々なランキングから出題された問題に挑むコーナーでした。ちなみにここの仕切りは本田さんね。まずは『女の子が告白されて嬉しい場所1位はどっち?』というお題で、A:ドライブ中・B:綺麗な夜景の見えるところ(これちょっとニュアンス違うかも)で、正解はBでした。次は『女の子がグッとくる男の子の仕草』というお題で、A:美味しそうにご飯を食べているところ・B:小動物を見てニヤニヤしているところで、正解はAでした。この時、仕切りの本ちゃんの分まで選んでた賢ちゃんですが、特に相談とかもしてなかったと思うし、ふたり分同じのを上げてたんだけど、当たり前のようにそれを本田の意見として採用する本田さん。ちなみにふたつとも不正解。そんなハピセが尊い(合掌)。最初ふたつともつじちゃんと意見が被っていた俊くんですが、「てんちゅうがこっちなら変える!」とどっちも変えてました。両方正解は水野小林土田勇翔だったかな。両方正解するもつっちーと意見が合うことをいじられるゆーちゃむ氏(本ちゃん「嫌い嫌いも好きのうちということでね」)。二つ目のお題に対しては「これ理由があるんですよ!豊子見解だけどね?」って突然の豊子さん降臨。「小動物だと小動物に向けた目線だけど、料理だったら自分の料理に向けて美味しいって言ってくれてるってことだから、自分に対する目線でしょ?」と的確な解説をしてくれる豊子さんさすがです。あと、正解発表の時に10位まで出るんだけど、二つ目のお題のランキング(何位か忘れた)に『別れ際に寂しそうな顔をする』ってのがあって、何故か「ほんでぃやってみて!」となり、やっぱり賢ちゃんとセットで再現することに。本ちゃんが「え、どっちが女?」って戸惑ってたら、賢ちゃんはもうすでに乙女モードになっていたのが面白かったです。そして、本ちゃんが別れ際に寂しそうな顔をするんですが、なんか思ってたのと違うとみんな感じたらしく、「なんでそんなトレンディなんだよ!」「佐藤浩一さんかと思った!」とツッコミが入りまして、さすがに私もそのツッコミに「分かる」と思ってしまいました。なんか、トレンディドラマだった。

続いてもう一人の順位発表。勝くんが「こいつはもう旅には行けないってことですからね~」なんて言っていたら、出ました。第4位の『水野勝「ファーストキス」』。会場大爆笑。監督さんからのビデオレターでは、以前から勝くんのことを知っていた監督さんから見て、グッと良くなってたよ、みたいな感じかな。将来が楽しみみたいなことも言われてたような気がする。そして、「監督ありがとうございます!」と舞台袖に向かって頭を下げる勝くん。監督さんすぐそばにいたパターン。鑑賞タイムはヤン5のみがステージ上で見て、確か下手左からつーじー・ゆーちゃむ、上手左から俊くん・勝くん・たむたむだったかな。誠以上にガヤがすごかったです。一番最初、勝くんがお酒を出した女の人に「絶対この人も勝のこと好きだよね~!」って言いながら真似するゆーちゃむ。バーテンダー仲間とのBLにしたがるつーじー。バーテンダー仲間に肩組まれた時に「お?するか?するか?」ってつーじーが言うと、DESEOを歌い出すゆーちゃむ。そうです、ずっとゆーちゃむとつーじーがガヤガヤしておりました。そういえばキスシーンの時に、ゆーちゃむが「この後がいいんだよね~!」って言ってて、みんな「え?この後なんかあったっけ?」って顔で見てたら、最後のテーブルに置いてある朝食のカットで「これこれ~!」ってひとり盛り上がるゆーちゃむに戸惑うヤン4。誠も戻ってきて、改めてゆーちゃむに理由を聞いたら「だってさ~、朝食がそこにあるってことはさ、これから先結婚したり~子供が産まれたり~っていうのを想像できるじゃん?」ということで、それは私も共感できて、全力で頷きました。私もあの朝食で終わる感じ、好きだよ。

次は『キスが上手いのは誰?ヤン5 VS 誠 5番勝負』というコーナー。若干コーナー名がうろ覚え。ここも仕切りは本ちゃん。このコーナーでは、名前でキスの上手さを診断するアプリ?で出た結果をヤン5と誠で競うというもので、全5回でひとりずつ対決するということでした。まずどんなものかという見本に使われたのがボイメン研究生の寺坂頼我くんの結果。本人のいないところで勝手にキスの上手さを診断されているという。項目は全部は覚えてないんですけど、8つの項目が5点ずつ40点満点、この総合得点を競うというものでした。さて、この回はヤン5からつーじー、誠からゆうぴんという対決でした。この日は結構つーじーがゆうぴんに絡むことが多かったので(つーじー「お前もうちょっと前出ろよ!」ゆうぴん「前出ると見えにくくなる人いるからさ。気遣いだよね」つーじー「気遣いとかお前には一番言われたくねえ!」)、なかなか面白い戦いでした。本ちゃんはボイメンのゴリラ対決って言ってましたけど。この時もつーじーが結構挑発するようなことを言うんだけど、ゆうぴんは全く動じずいつものゆうぴんだったので、誠メンバーも「お前勝つ気ある?」と不安げに。結果はつーじーが28点、ゆうぴんが26点で、つーじーの勝利でした。結構接戦でした。つーじーは結果が出る前から「俺の吸いつきすごいから!」って言っていたんですけど、結果が出たら本当に『吸いつき』の項目が5点だったので面白かったです。その他にもつーじーは『唇の柔らかさ』『情熱』とかが高得点だったかな。それに対して、ゆうぴんは『じらし』の項目が高くて、『情熱』の項目が低かったかな。この結果を受けて、ゆうぴんが「じらしてじらして結局せずに寝ちゃうんだろうね」って自己分析してたのが笑った。分かる。そんなゆうぴん想像できる。

最後は今回順位を発表した本ちゃんと勝くんの自作チラシのプレゼントと一緒にチェキを撮れるっていう抽選でした。勝くんが引く時に「俺のターン!…ドロー!」って言ってて、やっぱりこの世代の男の子って遊戯王好きだよね~って思いました。

これでイベントは終了です。退場時はハイタッチでお見送りがありましたが、改めて10人次々と間近で見れる上にハイタッチして、会場を出た後はしばらく身体の震えが止まりませんでした。ハイタッチの時はとりあえず「楽しかったです」って一人ひとりに言って、本ちゃんにだけは「弓道かっこ良かった!」と言ってきました。返事は聞いていません。完全に言い逃げです。みんな普通に「ありがと~」って感じだったけど、たむちゃんは「ちゅー」って顔をしてくれて可愛かったです。

以上、キスカタイベ東京1部レポでした。総括するならば「こんな神イベントだなんて聞いてなかったよ!」です。予想の1000倍は楽しかったです。本ちゃんの順位が発表された時に居合わせることができたのも嬉しかったです。そして、何より全員が揃ったボイメンに会えて幸せでした。わちゃわちゃがすごくて、拾い切れてないところがたくさんあります。文字に起こすのが難しかったところがたくさんあります。いつも言うけど、完全に私の記憶だけを頼りにしているので、時々脳内HDDの中で記憶が操作されている可能性もあります。だけど、記憶の限界に挑戦して一生懸命書きました。みんな褒めてくれていいよ。嘘です調子に乗りました。

このイベントを最後にしばらくボイメンに会えませんが、またすぐに会えることを信じて日々生きていこうと思います。今まで2週間ごとに会っていたから、これからの日々は少し寂しい気持ちになるかもしれないけどね。だけど、彼らが魂を込めて夢に向かっている姿を見て、私なりに応援していきたいし、力になれたらいいなって思っています。きっとまた福岡にも来てくれるでしょうし、その時には精いっぱいの声援を送りたいと思います。